迷いは必ず自壊する。

 先日、生長の家総裁谷口雅宣先生も話されていたが現在、世界中で右翼化というか孤立化、対外排除というか国家主義が盛んになり、そうした政治家の支持率が上がって来ている。
 イギリスのEU離脱、トランプの様な過激な排外主義者、そして日本の安倍政権と。

 それは一人一人の存在がバラバラで孤立化しているという唯物論というか迷いの現れであり、その事が自分の国さえ良ければという国家主義、それに伴う排外主義につながり、他民族蔑視、他宗教否定ことにトランプ氏などのようなイスラム教徒排除思想になっている。
 これは世界的傾向であり、現在の安倍政権もその一つであると言えると思う。安倍政権はご存知のように憲法違反の安保法案でアメリカと同盟して仮想敵国を明らかに中国としてそれをASEAN諸国と囲い込みに入ろうとしている。これは明らかに中国、北朝鮮を悪と決めつけてそれに対しての戦争準備の心である。

 そしてその安倍政権の思想的背後にあるのが日本会議であり、それは生長の家別派でもある。それは生長の家の運動の中心である生長の家大神-生長の家総裁-御教えに中心帰一出来ず、以前の生長の家の運動の中で述べられた文章や言辞にとらわれた原理主義であり、その文章のみが正しいと固執しているのであるからその奥の久遠の生命が分からず従って全ての正しい宗教の奥にある無形の真理が分からないから万教帰一が分からず、それが排外主義であり、唯物論である。
 要するに生長の家別派即ち生長の家原理主義者は唯物論であり、それが日本会議であり、その思想で動いているのが現在の自民党政権、安倍政権である。

 この流れは現在、表面的に隆盛を誇っている。選挙では先ず負けないし、心ある人の心、運動はその大勢の流れの前には無力にも見える。

 だが決して絶望的な状況ではない。それはやはり雅宣先生が指導される対称性、非対称性の問題に帰する。
 対称性というのは自他一体の考えであり、それは霊的な思想、全ては神において一体であるという考え方であり、非対称性というのはその真逆であり、それぞれの存在はバラバラであり、自分以外のものは自分ではない。だからこれを敵として排除する、駆逐するという思想であり、それが正に今の安倍政権そして世界の流れであり、それは又都市化にもつながりひいてはそれが環境破壊、地球温暖化につながっている。安倍政権になってから温暖化防止の為に省エネをしようという声が一切聞かれなくなったのはその為である。
 それに対して雅宣先生というか生長の家は対称性の論理を重んじ、全ては神において自他一体という思想の元、環境保護、地球温暖化の運動を大々的に行っている。そして対称性の論理の「結び」という事を強調し、総本山の龍宮住吉本宮でもそれまでの住吉大神の他に天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神近の三神をお迎えした。
 そして非対称性の論理の権化である安倍政権を明確に否定する方針も打ち出した。

 これらの運動は皆、ムスビの運動の展開であり、対称性の論理の現実化である。

 迷いは必ず自壊する。真理は必ず実現する。実相は必ず顕現する。現在、世界的に非対称性の論理で排外的な右翼的な現象が起きているがそれは迷いが自壊する直前の姿であり、だからこそ表面的に隆盛を誇っているかの様に見えるのであり、それは時が経てば必ず滅び去る。
 そして、生長の家の唱えるムスビの運動がこれからいよいよ本格的に出て来る。

 雅宣先生もそこの所を見越して、参院選で衆参2/3と獲られてもその背後に生長の家原理主義者達がいても泰然自若としておられるのではないか?それが週刊誌のインタビューでの「彼ら(原理主義者達)は自壊する。」のお言葉になっているのではないかと思う。

堀 浩二


by koujihori | 2016-08-31 10:04 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23446259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家を信仰するという事 現在の自民党の経済政策とは? >>