生長の家で病気を治そうと思うな。

 生長の家の人で本人や家族とかで病気などの何かしら問題が起こって、しかしながら中々その問題が解決しない事がある。
 周りからはやれ親に感謝しろだの先祖供養が足らないなどと指導され、それをしきりにやっても依然として問題が解決しない。

 それはとりもなおさず自分で問題をつかんでいるからである。

問題は心でつかまなければ今このままナイ。生長の家の人で中々問題が消えないのは問題を心につかんでそれを生長の家で解決しようとしているからである。

 生長の家で人間神の子完全円満、病ナシと教えられたのならそれをハイと受け取って、ズンズンそれを生活の中で実行して行けば良いのである。
 そして怨んでいる人がいたらそれを赦し、ズンズン仕事なり愛行をすれば良いのである。自分が親やご先祖様に生かされていると分かったら親孝行し先祖供養すれば良い。

 それをこの病気、この問題を治そうと思って先祖供養なり親に感謝の祈りをこれでもかこれでもかとやっても良くはならないのである。

堀 浩二
by koujihori | 2016-10-21 11:12 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23565747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 行き過ぎた自動化と環境問題は同... 対人恐怖症は人を悪く思う心があるから >>