今そのままで既に完全円満である。

 ちょっと心配事があって、かなりのストレスを受けていた。夜中々眠れなかったりひどい腹痛などがあって、神経はかなりのダメージを受けていた。だから土曜日の仲間内の貸しコートでの早朝テニスはくだらないミスが出てまるで駄目だった。

 そしてその後、テニスクラブへ行きテニスをしたが一戦目はやはり駄目で0-6のスコアで負け。体が重く、反応も鈍くどうしようもない。これはストレスにより体のダメージが残っているからだと思った。
 そして次のゲームをまたやったがその途中で内側からパーッと気がついた。

「自分は心配事があって心にストレスを感じ、それが神経を損ない、反射神経も体幹力も筋力も低下しているからテニスの力が発揮出来ないと思っている。しかし、それは間違いだ。力は今既に神から与えられている。これからではない!」と。

 そう思ったら力がすぐ出て来た。反応も良くなった。そしてそのゲームは6-3で勝つ事が出来たのである。

 それと共に体にストレスを与えていた問題も今そのまま既にナイと分かった。問題は今このままで神により解決されていると。だから、それによるストレスも無いし体のダメージもナイ。たった今。

 それが実相独在という事である。それが分かれば今すぐ力を発揮出来る。問題みたいなものも自ずと消えるのである。それをまだ心配事があるとかそれによる体のダメージが残っているなんて考えるのは迷いなのである。 

堀 浩二
by koujihori | 2016-10-25 17:16 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23574732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 孤独と内界は違う この世界は実相と実相が自分で出... >>