全ての恐怖、問題は神が消して下さる。

 恐怖心というものが起こって来る時がある。生長の家では思ったら思った通りになると教えられているから恐怖してはいけないと言う事になる。そうするとますます恐怖が襲って来る。
 しかるに生長の家では実相独在と教えられているから現象はナイ。心もナイ。と教えられているから恐怖が起こって来てもそれは無いとは理屈では分かる。
 
 しかし、現実問題恐怖心が起こって来てそれが実現してしまうと思うと更に恐怖が募るという事はある。そういう時は如何にすべきであろうか?
 それは「続々甘露の法雨」に書かれている。「恐怖を止める事がどうしても出来ない時はただそのままであれ。そのままの中に恐怖存在せず」とある。

 要するに「そのまま」は神であり、そこには恐怖は存在しないからそのままであれという事だ。それが実相独在であり、私の心は私の心ではなくてそのまま神の心であるからそのままであればじきに恐怖は自ずと消えるという事。

 そして、もっと単刀直入に言えば恐怖心に限らず全ての問題は神が消して下さるという事。それが「生かされている」という事であり、「実相は自分で出て来る」という事であり、「そのままでよい」と言う事。そこに神に対する満腔の感謝がある。全託でよい。

堀 浩二
by koujihori | 2016-11-22 10:26 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23633145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 悟りはあくまで実相独在の悟り 真の情報を得るには。 >>