良い事をするだけでは駄目。完全円満の世界を観よ。

 良い事をするのは人間として基本だけれどもそれだけだと限界がある。更に大事な事は「今、そのままで既に完全円満の実相世界が現象の奥に存在しているという事を悟る。」事である。そして現象はその実相を悟らずに観ずに現象の悪を見て相手を批判する自分の心が作り上げた幻影であるという事を悟らなくてはならない。

 そうでないとただ善にとらわれただけの心の狭い人間となり、悪事を為している人間を決して赦す事が出来ないからだ。相手を赦さない心は神と波長が合う事はなく、神からの救いの念波を受ける事が出来ず、自分の心が病気になり、精神または肉体の病気になる。そして家族は不幸になるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2016-11-30 12:27 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23680260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 悩む心は日時計主義で消える。 悟りはあくまで実相独在の悟り >>