自壊作用はナイ!

私が生長の家の宇治の道場の練成会に初めて参加した時の事である。榎本恵吾先生が主宰した座談会の時にある参加者がこう言った。
 「私は今、自壊作用の最中なんです。」と
 そうしたら先生はすかさず
 「皆さん、あんまり自壊作用に引っ掛からない方が良いですよ。」とご指導された。

 自壊作用というのは過去の自分の心持ちに間違いや迷いがあった場合、それが後から肉体の病気などに出て来て、それは過去の迷いが消える所謂自壊作用であるから良い事だという教えが生長の家にある。
 そうするとなまじ生長の家をかじっている人は現在、調子が悪いと「ああ、これは自分の過去の迷いの自壊作用なんだから」と思い、そして「だから今は力が発揮出来ない。調子が悪い。でもこれから心を浄める事によりこれから徐々に良くなる。」と何となくこう思ってしまっているのである。

 これは現象にとらわれているのである。実相以外に病念と病念の結果である具合を悪い肉体を認め、「今はまだ駄目だ。」と思う。これこそ現象にとらわれ、身動きが取れなくなってしまっている。

 今、実相独在であり、今完全円満である。今出来るのである。自壊作用はナイと一刀両断にしなければ永遠に立ち上がる事は出来ない。永遠に悦ぶ事は出来ないのである。
 
 それが雅春先生が悟られた「今立て!」という事である。先生はそれまでは実相は完全円満でも現象はまだ過去の自分の迷いの念が残っているから貧しい、財力が無いと思って生長の家を始める勇気が出なかったとお書きになっている。
 しかし、神から「今力は与えてある。今財力は与えてある。今立て!」と促され、その自覚の通り、現象的にはまだ弱い肉体、貧しい経済状態であったのにかかわらず立ち上がり、断固として「生長の家」誌一千部を発行し、そして生長の家が始まったのである。
 雅春先生が「まだ今は自壊作用で駄目でございます。」なんて自覚だったら永遠に生長の家は始まる事は無かった。

堀 浩二
by koujihori | 2016-12-06 14:06 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23693039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 脳の損傷による恐怖心は克服出来る。 実相は自分で出て来る。 >>