心の影とか学びとかに引っ掛かってはならぬ。

「続々甘露の法雨」に
「色々と悟らせて頂きましたなどと過去の数々の迷いにとらわれるのは悟りとはほど遠き事」とある。

 吾々が観世音菩薩の御働きで自分の心の状態を知り、反省して改善するというのは良い。しかし、心の影だの反省だのにとらわれると足をすくわれる。本当の悟りとはほど遠い事になり、そこに安心立命は無いのである。

 そうした学びの中でも心の影もナイ、自分の過去の迷いもナイ、今ここそのままで完全円満であるという事を悟らなくてならないのである。
by koujihori | 2017-01-11 15:48 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23773970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 心の法則だけ学んでも駄目 性格が変わる。 >>