生長の家は全ての悪と罪を消す。

 生長の家の素晴らしいというかすごい所は全ての問題をたちどころに解決してしまうという所だ。

 吾々は過去に何か禍根を残す罪とか失敗ややり残し等々があると感じる事があるだろう。しかしながらそれらは皆、本来無いのである。

真理を自覚し悟れば全ての罪が消える。そして過去の禍根とか間違いなども消えるのである。何故ならば過去も現在の心の現れであるからである。

 生長の家の「本来罪無し」というのはそういう意味である。そしてその過去の罪とかやり残しとかと言う現象は実は自分の実相顕現の為に最も必要な過程であった事も分かる。

堀 浩二
by koujihori | 2017-03-17 15:23 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23983600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 凡庸の唄の意味 都会化が招くもの >>