凡庸の歌の意味

 凡庸の歌というのがあるでしょう?雅宣先生がブログで発表されている。私はあれの意味が今一つ分からなかった。だって、人間は神の子無限力と教えられていてスポーツ、武道、音楽、美術、科学技術、文学、語学その他あらゆる方面に無限力を持っていてそれを何回も人生を生まれ変わる事によりその力を内側から開花させるのが人間であるというのが生長の家の真理だから、凡庸という事が何とも不可解でした。

 しかし、一昨日、東京第一教区の講習会でそれが分かった気がしました。

 それは当たり前に感謝する事、NO1じゃなくても今与えられた事に満足出来る事、競争心でガチガチになって他を蹴落としたりしない事、自分の能力とか機械技術を向上させる事にやっきになるのではなくて、のんびりと周囲の景色や人々に目をやり、それを愛で、かつ思いやりを持って生きる事、じっくりと人生を味わって生きる事等々が大事であるという事だと分かりました。
 先生はJR東日本の宣伝ポスター「次の当たり前を作ろう」という宣伝ポスターを引き合いに出され、機械技術の向上を至上命題とする生き方を批判されました。そして「こういう考え方が自然を破壊し、温暖化引いては人類の生存の危機を深めてきた。吾々はそろそろこうした考え方から脱却しなくてはならない。」とご指導されました。

堀 浩二
d0022373_9543583.jpg

by koujihori | 2017-03-21 09:54 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23998029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
生長の家は全ての悪と罪を消す。 >>