真理の直接把握

 右脳と左脳ですが右脳は直感的、インスピレーション的なものを司りますが左脳は理論的なものを司ります。
 映画「燃えよドラゴン」のワンシーンで師匠(リー)が弟子に
Don't think! Feel!
 と諭すシーンがありますが左脳で考えるのではなくて右脳で感じろ!という事です。私でもテニスをやっていてテクニック的に分からなくなる事がたまにあります。それは頭で考えてもどうしても正解は分からない。でもやっている内に内側から何となく直感的に分かる。

 真理というのは論理的な理解も必要ですが何と言っても直感把握がとても大事。これが無いと真理の直接把握は出来ない。直接把握するというのを悟ると言います。
 自分は神である。ここがこのまま実相世界であるという事を理屈ではなくて直接把握する。これが悟る事であり、全ての人類にこの境涯まで至らしめるのが生長の家の出現の目的だと思います。

 だから、時たま聖典を読んでいて分からなくなる事がある。とらわれる事があると思います。それは左脳に偏重しているのだと思います。
 そういう場合は神想観でそれを補完する。要するに実相の直接把握をする訳です。そしてともかく生活で動いて見る。考えないで。そして自分が使命と思った事をずんずんやっていく。失敗を恐れないで。その中で自ずと本当の事が分かる。
 生長の家総裁先生のお話でも分からない事がある。私は今まで思い出しても例えば大東亜戦争は侵略的行為があった。というのと天皇家の皇統は女系にまで拡げるべき。そして最近は例の「凡庸の唄」です。
 これは今まで自分が思っていた真理と違う訳ですから困惑しました。でも私はそれに唯々諾々と従う訳でもなくかと言って生長の家をやめて別派に入る訳でも生長の家の留まってスリーパーセルになる訳でもなく、そういう時はひたすら愛行、地元の誌友のお世話活動等に心血を注いだ。その中で自ずと先生の仰っている事が分かり、今では何の抵抗もなく当たり前の事として受け止められる。
 だから、今、生長の家が安倍政権を批判しているのがどうしても分からない人は焦らずにコツコツ活動や愛行、そして神想観にいそしめば良いと思います。

ps ところで本当にインスピレーション的に直接把握的に真理を悟るのは自分の中に神の国がある、もしくは自分が神であったと悟る以外無い。これはやはり生長の家を地道に無心にコツコツやり続けて自分の中にそれを発見しなくてはなりません。

堀 浩二
d0022373_918443.jpg

by koujihori | 2017-04-28 09:18 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/24128599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 信仰は現象の諸問題により鍛えられる。 訓練も実相が行う。 >>