分かってないと分からせてくれる

 私は母のお陰で生長の家の信仰に幼い頃から触れさせて頂き、そして高校生の時に合宿形式で生長の家の真理を学ぶ生長の家高校生練成会に参加してから、真剣に道を求め始めて大学の時に生長の家の活動を始め、現在に至っている。

 そこで自分なりに一所懸命やって来たつもりだが、信仰の神髄が分かっていなかったので、中々大変な思いをした事もある。その様な求道をして行く中でお陰様で私の生涯の師である生長の家宇治別格本山の故榎本恵吾先生に約八年前に巡り会い、その薫陶によって生長の家の神髄に目覚める事が出来た。

 でも、神髄に目覚めたからと言って、それで終わりではなく、そこからまた更に深い求道の日々が続くのである。何故なら真理は無限のものであるからである。
 私は生長の家の神髄を究めた積もりでいたが自分は正しいという思いが相変わらず強く、それで周りの人達を自分の尺度で裁いていた。
 自分はこれだけ正しい事を実行しているという自負は会社においても生長の家の組織においてもまた家庭生活においても強く、それは自信というより尊大な鼻持ちならない傲慢さであったと思う。

 そんな傲慢さがあると会社とか家庭とかで自分から見て、正しい事を実行していない相手がいると歯がゆく感じ、相手を見下し、責める心が沸き立って来るのである。
 でも、それは生長の家の神髄、即ち我(が)というものは本来存在せず、自分が生きているのは自分が偉くて生きているのではなくて、これ全て神様の内側からの生かしによるという事を本当には分かっていない状態であったのである。
 そういう不調和な感謝出来ていない心であるとこの世界は我らの心が作る世界であるから必ず問題が起こって来るのである。私はそういう不遜な心であったので宇治から帰ってきた後も何度となくこうした問題に見舞われた。

 しかし、そうした感謝を忘れた独善的な心により問題が起こって来るからこそ、それにより感謝が大事であるということ、我(が)の力なんて本当に大したものではないこと、他の人には自分にはない良い点が沢山あって、それにより自分は助けられ、生かされているのであるということが如実に分かるのである。

 即ち我々は分かっていなければその自分自身の分かっていない心が作りだした問題により本当の事を分からせて頂けるという事になっているのである。だから、誠に有り難い世界、良くなるしか仕方のない世界に我々は住まわせて頂いているという事になるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2005-12-28 13:05 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/2441090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新年明けましておめでとう御座います 全日本フィギユア選手権を観て >>