実相は自分で出て来る。

 実相は自分で出て来る。これは私の恩師の榎本恵吾先生のお言葉であり、先生はこれを生長の家の草創期の雅春先生の高弟である服部仁郎先生から薫陶を受けたのだそうだ。
 
 真にも実相は自分で出て来るのである。我(が)があくせくして出て来るのではない。そして、それはのんべんだらりとしていて出て来るというのではない。真摯な全力の生き方を要求される。

 というのは実相が自分で出て来る場合、必ず観世音菩薩の御働きを介して出て来るのである。それは自分の心持ちとか行いの間違いを観世音菩薩が観じてその通りの状態を自分の周囲にもしくは自分自身に現象化させる。それで初めて自分が間違っていたと実感する。その時に自分の本来の完全円満の実相が出て来るのである。

 それが実相は自分で出て来るという事である。

堀 浩二
by koujihori | 2017-06-21 15:04 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/24559024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 凡庸の唄の素晴らしさ 縦の真理と横の真理が一つになる。 >>