愛を与えれば自分に愛が増える。

 私は自分が不遇に遭う原因がはっきりと分かった。それは自分に愛が無かった為である。周囲に愛を与えず、笑顔を与えず、人の良い所を見ず、そうした習慣が私に愛を培う事が出来ない事になり、その為に私に愛が無く、他の人の成功や出世に嫉妬し、そして愛を与えていない即ち私自身が周囲に不遇を与えていた為に私が不遇となったのである。

 しかし、これは素晴らしい発見であり、最大、最高の価値ある事である。これも私の周囲の私を不遇にしてくれた人達のお陰であり、そして内なる生長の家の神のお導きであり、そしてこれこそが私の中の実相が自分で出て来た事なのである。 

堀 浩二
by koujihori | 2017-06-29 15:46 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/24662089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 唯物論こそが迷いの元である。 本当の幸福とは >>