生長の家だからこそ試練が与えられる。

 生長の家の人でお子さんが鬱であるとか統合失調症であったりする人がいる。生長の家なのに何故?と思うがそれは生長の家だからこそこうした現象が出て来ているのである。それはまず迷いは悟りの基礎工事であり、実相というのは実際問題を克服する過程で出て来るからである。
 神様はその人に取って解決出来ない問題は決してお与えにならない。そういう問題が与えられたという事はその人にそれを克服するだけの力が既に養成されているからであり、それを通して悩める人を導く教化力を養成する為である。

堀 浩二
by koujihori | 2017-09-06 09:48 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/25542891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今の世界の流れ 悪はナイ。 >>