因果律

 因果律というのがある。自分が心と行動で原因を作れば、それはいつかは形となって自分に帰って来るというものだ。良き心を起こし、良き行動をすれば、良き事が起こって来るし、逆に悪い心を起こせば、悪い事が起こって来る。自分はあの時あれだけの罪を犯したのではないかと気に病む人もいるが心配しなくても自分が他に施した事は必ず自分に返って来る事になっている。
 
 人を傷付けたら必ず自分も何らかの形で傷付けられるのである。因果律の法則の外には何人も出る事は出来ない。
 しかし、だからと言って業の流転を超越出来ないという事ではない。我らは神の子であり、業の流転、因果応報も何も無い唯、完全円満な存在のみの唯神実相の世界に生きている。それを悟れば業の流転を超越出来る。超越しながら、心の法則、即ち因果律を駆使して、この現象界に実相完全円満を表現して行くのである。
 我らは業の流転を超越しながらも因果律の法則を通して、己の心を反省し、それにより実相顕現、生長して行くのである。
  
 それは具体的にはどういう事かと言うと、我らは内に神の子として無限に素晴らしい生命を持っているのであるが、自分がそれをまだ悟らず、目先の利益を何とかかすめ取ろうと自分本来でない迷った心即ち人を陥れるとかずるい事をしてお金を儲ける様な事をするとホリエモンみたいに必ずそれは自分が他に施した通り、自分がおとしめられる事になる。
 しかし、そんな中でその当人が心から反省し、自分のした事は間違っていた、自分は神の子であるからそんな事をしなくても当たり前に人のために働いていたら豊かになると心を入れ替えて出直せば、それでその当人の内在の素晴らしさが現象的にも顕現するのである。
 それ即ち、己の無限に素晴らしい自由自在な実相、因縁因果に縛られない生命の実相を悟ってかつ、因果律に則って自分のした事を確実に刈り取る事により生長して行くという事である。
 
 堀 浩二
by koujihori | 2006-01-26 12:30 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/2590907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 因果律(2) 神風 >>