環境保護運動こそ日本であり生長の家である。

 環境問題というのは言うなれば全ては神において一体という宇宙の真理を全人類が悟る為の命題であり、それを課題として環境保護運動するのは日本文化そのものであり、これこそが生長の家の使命である。
 現在の生長の家の運動こそは日本文化そのものであり、最も生長の家らしい展開なのである。

堀 浩二



by koujihori | 2017-11-14 10:58 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/26141069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家をやり続ければ実相が出... 真理は吾が内にのみあり >>