師について

 私は子供の頃、母親の影響で生長の家に触れた。そして、高校生の時に生長の家の青少年練成会というのを受けて、その教えの真理に感銘を受け、その後、大学生になってから、生長の家青年会という組織に入って、色々活動をやった。
 その活動をする中で自分なりに生長の家の本など読んで生長の家の真理の勉強をやっていった。しかし、今から10年前に完全に行き詰まってしまってどうにもならなくなってしまった。
 しかし、私は神様の導きで生長の家の宇治の道場に導かれ、そこで私の生涯最高の師である榎本恵吾先生の薫陶を受け、生長の家の真理の精髄を学ぶ事が出来、真理の学びの行き詰まりを打破する事が出来た。

 我々は神の子であり、内に無限の叡智を秘めているがそれは現象的に誰の助けも指導も導きも受けないで自分一人の世界に閉じこもって、自分だけでその叡智を発現させて悟る事が出来るというものではない。
 我々の生命は表面の肉体は各自、分かれていてバラバラであるが、その奥にある我々の生命の実相はバラバラに別れたものではなく、宇宙全体に拡がる完全円満の神を通して、自他一体のものであるから、我々の中にある無限の叡智は現象的には他との交わりを通して、人や師に導かれるという現象となって顕れるのである。

 我らは神の子で完全円満で無限の叡智であるという事は現象的に我らがそれぞれおのれ一人の経験と考えのみでその本質の完全円満さ、無限の叡智を発現出来るという意味ではない。
 我らは自他一体であり、教えを学ぶにしても師と弟子との関係の中から会得出来るのである。従って、我らの内なる完全円満さ、無限の叡智と悟りが現象的に発現するのは組織の中で他人と関わり合い、愛行を実行し、師から学ぶ事によって発現するのである。

 従って生長の家の真理を学ぶという事は現在の生長の家の組織の中心者である総裁谷口清超先生・副総裁谷口雅宣先生を通して学ぶというのが基本姿勢である。

堀 浩二
by koujihori | 2006-03-28 06:06 | 信仰 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/2888374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2006-03-29 04:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koujihori at 2006-03-29 12:25
yukie様

 コメント有り難うございます。素晴らしい歌を有り難うございました。これを青年会の全国大会で歌うのですか。素晴らしい歌詞ですね。
 このDivinityっていう歌は生長の家の歌ですか?

 ところで私は青年練成には残念ながら行っておりません。青年会研修会は阪田会長の時まで行っていました。その後、相愛会になったのでそれ以降は行っていません。ちょっとyukieさんより上の世代ですね。私は。

堀 浩二拝
Commented at 2006-03-29 22:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koujihori at 2006-03-30 09:36
yukie様

コメントは私の所から非公開には出来ないのでこれを引っ込める為には削除するしかないので削除致しました。でもyukieさんのコメントはコピーして取ってあります。

 そうですか。白鳩から青年会に戻られたのですか。珍しいケースですね。白金先生は神奈川の横須賀にお住まいで私の家の近くですので私もお宅にお邪魔した事もあります。

 ところで私のブログがお役に立てて何よりです。光明化運動は神様がするのですから神様に運動を全託するのが良いと思います。

堀 浩二
Commented by koujihori at 2006-03-30 17:28
yukie様

 あなた様のアドレスが分からないのでここでご連絡させて頂きます。もし、宜しければ是非以下のアドレスに掲載されている私の文章をお読みになって下さい。

 yukieさんならお分かりになって頂けると思いましたので。

http://www.umetosakura.com/opinion/index.htm

堀 浩二拝
Commented by 酒井 幸江 at 2006-04-01 01:50 x
 私がネットをしたいと思ったのは、副総裁のプログで学びたい思いと、21世紀生長の家研究会のうわさの確認がしたっかたからです。 今年の1月にやっとパソコンを取り付け、 「21世紀~」の内容を読み、あまりのむごさに愕然としました。 しかし、その中に堀さんの「意見文」を拝見させていただくことができ、地獄の中に救いの手を差し伸べられた思いでした。 お名前で検索して、こちらのプログに来させて頂きました。  信徒としてお顔と名前を明かし、堂々と意見を述べる 事の凄さ、素晴らしさ、雅宣先生のプログでのご意見もあまりにも立派で、目を見張りました。 先日、削除して頂いたコメントの中に私の活き詰まりの原因が判りました。
過去に囚われている「21世紀~」の人達と同じでした。 何度も堀さんの意見文を読みました。 心を素直に責任を持って信仰していきます。 堀さん、ありがとうございました。  
  
Commented by koujihori at 2006-04-01 10:33
yukie様

 「21世紀生長の家研究会」というのは殆ど私は見ていなかったのですがそこに私の文章がリンクされていたとは驚きです。

 ネットというのは「掃きだめ」みたいな部分もありますから一々そんなものに引っ掛かっていては身が持ちません。
 低級な人間というのは人が見ていないと平気で悪い事をしますね。便所の落書き等々。私はネットで実名を隠して無責任な言動、中傷をする人間の文章はその便所の落書きと大差ないと思っています。
 だから、yukieさんもそんなものを研究するのは無駄だと思うし、暗黒の言葉の力で頭が混乱する元だと思います。でも、それで私と知り合いになれたのですから何が幸いするか分かりませんね。

堀 浩二拝
Commented by 酒井 幸江 at 2006-04-03 21:10 x
 堀さんありがとうございます。 堀さんのおかげで私と同じように悩んでいた仲間に適切なアドバイスが出来ました。
そして、 福岡教区白鳩会のIT担当になりインターネットの活用促進の係りになりました。  心が変われば世界が変わりますね。 
4/1~3まで小学生(親子)練成の運営に家族で携わっておりました。 とても元気にお手伝い出来ました。 長女も笑顔いっぱいに司会進行をして頼もしいかぎりでした。 
 堀さんのアドバイスのおかげです。 堀さんはわたしのネットの「師」です。 これからもよろしくおねがいします。
Commented by koujihori at 2006-04-04 10:25
幸江様

良かったですね。こちらこそ宜しくお願い致します。

堀 浩二拝
<< 「出来る」ということ WBCについて(2) >>