生長の家龍宮住吉本宮団体参拝練成会を受けて

 ちょっと、生長の家の信徒だけのローカルな話題になってしまうかも知れないが、私は九州の長崎にある生長の家総本山で開かれる龍宮住吉本宮団体参拝練成会という行事に先週の金曜日に有給休暇を取って、土日の週末も入れて、2泊3日の日程で参加して来た。

 生長の家の練成会というのは生長の家の練成道場に何泊か宿泊して講師から生長の家の講話を聞いたり集団で色々な生長の家の行をする事によって、生長の家の教えを体得出来る様に練成する為の行事である。
 私は高校一年の時に二回、この練成会を受け、それから生長の家を本格的にやる様になり、その後、30代半ばで求道が行き詰まった時に改めて、この練成会を宇治の生長の家の道場で受け直し、そこでまた教えを勉強し直す事が出来た。

 ところで私は生長の家の神奈川教区の男性の組織である相愛会という所で一つの対策部を担当している関係で、この団体参拝練成会に自然の流れで去年から参加する様になった。
 この練成会の会場である生長の家九州総本山には生長の家の宇宙浄化の神様である住吉の大神をお祭りしてある龍宮住吉本宮があり、ここで行われる団体参拝練成会は現在、生長の家では一大行事になっており、毎年、教区の有志全体で団体で参加するのである。

 前述の様に私は九年前にそれまでの求道生活に完全に行き詰まって宇治の生長の家別格本山で練成会を受けた。そして、そこの幽斎殿という場所で生長の家の神示である「本当の信仰についての神示」という文章を拝読している時に直感的に生長の家の神髄を悟ったのである。
 その後の生活の中ではその悟った真理を如何に生活化して行くかという事の連続であった。しかし、去年、初めて九州の総本山の団体参拝練成会に参加した時、その自分の悟った真理、即ち私の中の神の国が正に一気に表に出て来る感じがしたのである。
 即ち宇治の別格本山の幽斎殿では龍宮即ち実相本源世界に正に入って行く感じで、真理の内奥に穿ち入り、そして九州の総本山の顕斎殿ではその内奥の悟り、真理が外側に正に顕れ出る感じで私の中の実相の素晴らしさがますます顕在化する感じなのである。

 その実感は理屈ではなく中々一言で言い表せないのであるが、今回の体験で一つこんなのがある。私は最近、約五年ぶりに携帯電話を買い換えたので現在私が使っている携帯電話はテレビも観れる最新式のものだ。メールもビデオメールが手軽に出来る優れものであるが、私は生長の家総本山に来てから朝に夕に妻にビデオメールをセリフ入りで送ってその素晴らしさを報告していた。しかし、妻から私に返って来た返事はそっけない言葉のものが一通来ただけで後は皆無だった。

 それで二日目の晩、直接家に電話してみたがいつまで経っても出ないので妻の携帯に電話してみた。そしたら代わりに息子が出て、今、お母さんは家の電話で電話中であるというのである。家はキャッチホンなので家の電話中に家に電話してもかけた方はお話中の音がせず、普通に呼び鈴を鳴らしている状態に聞こえるので分からなかったのだった。

 私は腹が立った。私がこれほど何回もビデオレターを送っているのに妻からの返事は殆ど帰ってこないで私が電話してもチャッチホンにも出ないで他の誰かと延々と長電話している事に。
 それからすぐ消灯時間になったが、怒りは中々収まらなかった。このままでは眠れないのではないかと思った直後、私はやはり、放つ愛が出来ていないという事に気付いたのである。愛とは相手から何かを要求する奪う愛ではなくて、相手からの見返りは無くてもただ相手に与える放つ愛が大事だと生長の家では教わるし、私も講師としてそれが大事だと人にも説いて来た。
 私はそれを日常生活の中で他人には実行出来ていたと思うが全てを赦せる家内に対しては我(が)が出て、それが実行出来ていなかったのだった。
 私はその自分の真の姿を自分に突きつけられ、ああ自分は本当に放つ愛が実行出来ていなかった、最愛の妻に対して何故、今まであれほど大事だと思っていた放つ愛を実行していなかったのだろうかと妻に申し訳無い気持ちになった。そうしたら心が安らかになって、その後、ぐっすり安眠する事が出来た。

 生長の家の龍宮住吉本宮団体参拝練成会というのはこの様に普段自分が気付かない自分のあら、醜い姿が一旦あらわになり、自分に突きつけられるが次の瞬間、すぐその間違いに気付き、その醜い迷いを洗い流し、自分の中の神の子の実相の素晴らしさがより顕在化出来る場所であると思う。

堀 浩二
by koujihori | 2006-06-19 10:39 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/3268075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from vgwgqpq at 2006-09-10 18:37
タイトル : vgwgqpq
bhysgtb ojgexdg autqkxr dthcgbk uetrjfs... more
Commented by yukie sakai at 2006-06-22 01:41 x
堀様
家族との温度差も悟りの機会とされる心の美しさ、素晴らしいですね。 
愛すればこそ、感動を共有したいですものね。 
 私の息子達はバスッケトに夢中ですが、私わからないし、試合も生長の家の行事が優先していたので行ってませんでした。 中学最後の試合の後、さすがに長男から「一度も来なかったのはお母さんだけだ」と泣かれました。 しかし、「第一のものを第一に」の信念で行動していたおかげで、一番大切なものが何かは、伝わっているようです。 「理想世界ジュ二ヤ版 7月号」p8~P10与えられた命に感謝しよう」に掲載されましたので、よかったら観て上げてください。 四人兄弟姉妹で登場しています。  生長の家馬鹿の母を選んで生まれた子達です。   
Commented by koujihori at 2006-06-22 08:56
yukie様

 コメント有り難うございました。第一のものを第一にするという信仰姿勢素晴らしいですね。
 yukieさんは団参行かれた事はないのでしょうか?谷口清超先生が九州総本山は山川草木一つ一つが雅春先生の教えであると仰っておられますが、本当にあそこは理屈抜きで魂が清められます。

 ところで理想世界ジュニア版、今日、帰宅したら早速拝見させて頂きます。yukieさんのお子さんを拝見出来るので今から楽しみです。
 でも四人もお子さんがいらっしゃってうらやましいです。うちは一人ですから。でも、だからこそよく生まれてきてくれたと感謝しています。

堀 浩二
Commented by yukie sakai at 2006-06-24 01:51 x
堀様
団参には参加した事がないんですよ。 福岡は5月で、今年こそは行きたかったなあ。 雅宣先生のご指導の団参に参加されて、うらやましいです。 
 総本山は3時間で行けるので良く行きます。 19の時に初めていきました。 救われました。 私の体験談もなかなかユニークでハードですよ。
Commented by koujihori at 2006-06-24 09:51
yukie様

 良ければ体験談お聞かせ願えませんか?非公開でもいいですから。

Commented by yukie sakai at 2006-06-27 02:09 x
堀様

ネットで自分のことを、語るのは、とても難しい事ですね。 何度も書いては消してしまいました。  堀さんは、何と素晴らしいのでしょう。 
生長の家で語る時は、自然と言葉が溢れてくるのですが。 

私も生長の家は、二代目です。 が.......

 父が17歳の時に教えに出会いました。 曽祖父が真宗のお寺の総代をしていたので、信心深い家庭でしたが、曽祖父が亡くなった後、祖父がノイローゼになり、工業用のアルコールを飲んで、後を追いました。 父は、祖母が非常に強い女性なので、父親の死んだのは、母親のせいだと、真理で人を裁く苦しみを抱えてしまいました。  それでも、私の母と結婚し、二人の兄が生まれた頃は青年会の支部長をして、家で誌友会を開き、親戚、友人に神誌を配り、毎朝、水ごりをして、神想観をしていたそうです。 

 しかし、私が生まれて、一才の時、組織のトラブル、祖母と母の無理解に疲れて、生長の家を辞めてしまい、生命の実相40巻も焼いてしまいました。 そして、私も子供の居ない従兄弟に多額の結納金?と引き換えに幼女に出そうとしました。 男3人欲しかったそうで。  つづく





Commented by yukie sakai at 2006-06-27 03:41 x
 父の従兄弟夫婦が、静岡から私を迎えにきたそうですが、母が死にもの狂いで私を抱きしめて放さなかったので、その方達も泣く泣く、あきらめて、帰ったそうです。 
 養女に出されかけた話を、父から4歳の時に聞かされたて、この世界が崩れるような衝撃を今でもはっきり覚えています。 父は「幸江は器量は、中の上だけど、良い子に育ったから、あげなくて良かった」といいました。  良い子じゃなかったらすてられる?兄達は誰が見ても器量良しなのに、私は中の上? 充分すぎるコンプレックスを抱え、父に甘える事が出来なくなりました。
 父は酒乱でした。二重人格のようでした。 お酒を飲んでない時は、穏やかで、立派な紳士で、私の話もよく聞いて認めて、褒めてくれました。 しかし、深酒すると、祖父、両親、母、会社の上司を罵って、暴れて、苦しみながら、「生長の家を辞めなければ良かった」と必ず言いました。 
  その様な生活が17年続きまた。 高校3年の時、父は生長の家に再入信しました。       つづく
                               

  
Commented by yukie sakai at 2006-06-27 04:13 x
父がこだわり続けた生長の家を知ることは、喜びと、恐れの入り混じった表現の仕様のない気持ちでした。 しかし、父の唱えるかみよびうた、甘露の法雨の素晴らしさと、両親と誌友会、講習会に出かけるうれしさ。 早朝神想観も一緒にするようになりました。 これから、素晴らしい生活が始まると思いましたが、私はひどい霊媒体質だったらしく、急激な霊的転換に対応しきれず、長年の父への不満、生活苦で母が生まなかった私の妹、弟、成仏しきれない先祖の苦しみが、我が身に受けて、もがき、苦しみました。 就職もだめになり、ゆには練成で長期生になり、総本山練成にもいきました。 まるで、父のように荒れ狂う時と、正気で明るく元気に仕事の出来る自分が交互に現れました。 生長の家の多くの先生方に愛され、導かれました。 つづく
Commented by yukie sakai at 2006-06-27 04:36 x
しかし、生長の家を学べば、学ぶほど、父を憎みました。 父が生長の家を辞めなければ、母が流産児をつくらなければ、私がこんな苦しい目にあわずにすんだのに。 なにも信じられなくなり、家にも、道場にも帰らず、さ迷いました。 警察に保護され、入院した時、私の脳波はめちゃくちゃでした。 家に連れ戻されて、40度の熱が続きました。両親が交代で、甘露の法雨を読んでくれました。 私が、病気になって、間もなくの時、父は講師に、「全て私の責任です。私が悪いんですと、言っていましたが、それすらも、うそ臭く感じ、腹が経ちました。 しかし、今甘露の法雨を一心に読む父の真が伝わって来ました。 そして「幸江、人に迷惑をかけては、いけんよ。」と、やさしくいいました。 初めて、もう、狂うのは止めよう。と思いました。 生長の家にも迷惑を掛けて悪かったと思いました。 
Commented by yukie at 2006-06-27 04:56 x
そのとたん、私の体から、白く輝きくにこにこした人達が、一気に抜けて上って行きました。  私に憑いていた多くの方々が、私の心が変わるのを待って、成仏したのです。 

長々と書いてしまいました。 これが一番最初の体験です。 その後もこれでもか! と、色々面白い体験だらけの20年です。 大好きな父は最期までかみよびうたを唱えながら旅立ちました。「お父さん大好きよ」とほっぺにチュウをして、お別れをしました。  生長の家は素晴らしいです。 久しぶりに私自身が、原点に戻れました。  
 堀さん、感謝します。

このきk
Commented by yukie sakai at 2006-06-27 05:01 x
誤字、脱字が多くてすみません。 
Commented by koujihori at 2006-06-27 09:46
yukie様

 途轍もなく素晴らしい体験談有り難うございました。本当にyukieさんは神様から選ばれた方なのですね。

 お祖父様の事、ご兄弟の流産児の事、色々大変でしたね。でも、これらがyukieさんお一人が生長の家をやりきる事で一度に全て救われたのですね。本当に素晴らしいと思います。「一人出家すれば九族天に生まれる」とはこの事ですね。yukieさんは霊媒体質と仰いましたが現象的にはそうかも知れませんが、それはyukieさんが選ばれて御先祖から子孫までの親族の方々を一度に成仏させる御使命と力があったからだと思います。
(続く)

 
Commented by koujihori at 2006-06-27 09:47
yukie様

そして最後にお父様にも心から感謝出来たのですね。お父様も本当に嬉しかったのではないでしょうか。これでお父様も御自分のお母様に対するわだかまりも消えているのではないですか?
 生長の家では迷っている先祖を供養しなさい、また流産児を供養しなさい、親に感謝しなさいと言いますが、これらを霊が迷っているから、救われていないから供養するとか親に感謝しないと道にかなわないから、自分が幸福になれないからというような形式的な感謝や供養では何にもならないと思います。

 全ての全てが始めから救われているのですから、それを観る事が出来ない自分に問題があるわけです。だから、自分が徹底して生長の家をやる事で自分自身の眼が開き、誰も自殺した事のない、誰も中絶された事もない、感謝出来ない様なひどい親もいない本来の実相世界が自分に開けて来るのだと思います。

 自分自身が成仏し、悟る事で全ての人々の実相が既に成仏して悟った仏様であるという事が如実に分かるのだと思います。そして、それが本当の感謝であり、供養だと思います。そこにはもう悦びがあるだけ、賛嘆があるだけであると思います。

堀 浩二
Commented by yukie sakai at 2006-06-27 16:54 x
堀さんのおっしゃるとおりです。 完璧な解説をありがとうございます。 
Commented by 中途半端SNI信徒 at 2016-12-23 00:42 x
おー、良かったですねぇ
良かったですねぇ
良かったですねぇ
思わず三度言ってしまいました
奥さん幸せ者ですねぇ
お幸せに
<< ジーコジャパン(2) ジーコジャパン >>