生かされている

 生長の家の招神歌(かみよびうた)という一種、祝詞(のりと)の様な歌があり、神想観という瞑想の冒頭の時に唱えたりする。

 それは

「生きとし生けるものを生かし給へる御祖神(みおやがみ) 元津霊(もとつみたま)ゆ幸へ給へ。
吾が生くるは吾が力ならず、天地(あめつち)を貫きて生くる祖神(みおや)の生命(いのち)。
吾が業(わざ)は吾が為すにあらず、天地を貫きて生くる祖神の権能(ちから)。
天地の祖神の道を伝えんとあれましし生長の家の大御神守りませ。」

という歌であるが、私はこれを生長の家の神髄であると思っている。これは自分が生きているのは自分が生きているのではない。自分の中に生きて、かつ宇宙に満ちている完全円満の神の生命により生かされているという事である。

 生長の家ではこの現象世界は単に映しの世界であり、本当の世界はこの現象世界の奥にある実相世界であると説く。実相世界というのは物質、現象を超えた霊的実在世界であり、そこは完全円満の神の世界であり、病気とか災難とか戦争とかなどの悪は一切存在せず、そこに住む人間も完全円満で一人も悪い人もいないのである。この現象世界はその完全円満の世界の単なる映しの世界でもあり、我々人類がその実相世界の完全円満さをどれだけ自覚しているかという事が反映される世界でもある。

 本当の実相世界、神に創られたままの世界は完全円満であり、それは全宇宙に拡がり、全ての生きとし生けるものを生かし給い、ありとしあらゆるものを完全な姿であらしめている。それを我々人類が自覚すれば、自覚した程度に従って、その完全円満の世界がこの現象世界にも出て来る。

 この世界が単なる現象世界に過ぎないと思っていれば、全ての存在は単なる物質に過ぎないということになり、そうなると物質を超えた完全円満の神様なんて信じられなくなるから、人間は自分が自分で生きていると傲慢になり、そして地球環境を勝手に自分たちの便利な様に開発し、地球資源を自分の欲望のままに浪費して行く様になる。そしてクローン技術まで生み出して、人間はもはや自分の欲望次第で生命さえもコントロール出来るという考えまでに至ってしまった。しかし、その傲慢さと飽くなき物質欲が故に今や地球環境の破壊は進み、地球温暖化による被害は深刻なものとなっている。

 これらは一にも二にも人間自身が自分達が完全円満なる神に生かされた霊的存在であり、全ての存在は単なる物質ではなく、尊い神の生命の現れであるという事を忘れた所にある。

 人間は自分の力で生きていると思えば、傲慢にもなるがその反面、心の平和が得られないものである。日常生活のちょっとした事でも右するか左するかという事に自分の頭を悩まさなくてはならないからである。また、自分が生きていると思えば、自分の過去して来た事に自信が持てなくて常に後悔と不安と罪の意識を持たなくてはならないだろう。何故なら、人間は魂の奥底に真理が宿っているから、肉体人間という物質又は我(が)というものが完全円満な神に比べてちっぽけで力がないという事を知っているからである。そんな不完全な存在である肉体人間がやって来た事などやはり不完全であるという不安と迷いがあるから、神に生かされて生きているという自覚の無い人は常に自分のして来た事に自信が無く、ちょっとした事が気に掛かり、こうすれば良かったとかしなければ良かったと悩むのである。

 しかし、現象は本当には存在するものではなくて、本当の存在は宇宙の始めの始めから完全円満なものとして存在している神であり、我々人間はその神と一体である神の子、否、神そのものであるという自覚を得れば、我々の自覚がくるっと360度変換し、自分が生きているのは自分が生きているのではなかった、完全円満な神の生命がここにあって、自分を生かしていたのであったと悟るのである。

 そうなると自分の今はもちろん、過去や未来に対する考え方もくらっと一変し、自分が生きて来たのは自分で生きていたのではなかった天地(あめつち)を貫きて生くる完全円満な神の生命がここにあって自分を生かしていたのであった、自分がやった事は自分がやっていたのではなくて完全円満な神の御業(みわざ)であったと言う事が分かるのである。

 ここに現象はナイ、物質はナイ、我(が)はナイという事が悟られ、自分の生きて来た歩みは神の歩みであったと自分の過去に対して、感謝も出来る様になり、また自分が今、生きているのは神が生きているという事も自覚せられ、ああだこうだと我(が)の頭で悩む事も無くなる。

堀 浩二 
by koujihori | 2006-09-12 21:08 | 信仰 | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/3780721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ■通帳公開!驚異の錬金術! at 2006-09-13 00:13
タイトル : ■通帳公開!驚異の錬金術!
【通帳公開!】 月収100万円!究極の魔法!特別に伝授!! ... more
Tracked from 政治を考えてみよう。 at 2006-10-20 02:48
タイトル : クローン牛、食用へ。
アメリカでついにクローン牛の食用化が決定した。 これは大きな波紋を呼ぶでしょう。 何て言ったってクローン技術でさえ 大きな波紋を呼んでいたのは事実。 先日もペットのクローンを販売する 会社が商売が成り立たずに潰れたばかり。 ペットのクローンは興味がある人が と..... more
Tracked from 面白いモノ見つけた!!! at 2006-10-20 05:51
タイトル : クローン牛解禁!?!?!?
クローン牛が食用で解禁されるんだって。 まだアメリカでの話だからそこまで実感湧かないけど これって微妙。。。。 今のところ安全だからって言う理由みたいだけど こういう事ってしっかり調べないとダメなんじゃ??? でも調べたって言ったって 期間が短すぎるよね。 例..... more
Commented by yukie sakai at 2006-09-12 23:01 x
堀先生

「人間は魂の奥底に真理が宿っているから、肉体人間という物質又は我(が)というものが完全円満な神に比べてちっぽけで力がないという事を知っている」

 それを見つめて、引き出すことが私達の使命ですね。 全ての人に神を観る。何て素敵な事でしょう。
Commented by koujihori at 2006-09-13 08:58
幸江さん

 コメント有り難うございます。私は人類光明化運動というのは全ての人類を救う運動ではなく、全ての人類の実相を拝む運動であると思っています。

堀 浩二拝
<< 型をこわす 夫婦円満の鍵 >>