人間の芯

 現在、子供を虐待死させたとか、逆に子供が親を殺したといったニュースが報道されない日は殆どないのではないだろうか。
 こうした暗いニュースは朝、何となくテレビをつけているとぼんぼん自分の目と耳に入って来るので、我が家ではこうしたニュースが報道されたらすぐ別のチャンネルに変えてしまう。朝のすがすがしい気分が暗いニュースで害されてしまうからである。

 こんな事は私が子供の時、今から30~40年前は一切無かった事だし、現在の日本人が如何に歪んだ状態になっているかは議論の余地が無いだろう。こういう事をする親とか子供が多いから安部首相も教育改革が一番必要であるとして、教育基本法の見直しを検討している様である。
 私もほぼ同意見である。子殺しをするような親など鬼畜も同然であり、人間とは言えないし、親殺しをする子供も同様である。そして本来神の子である人間がどうしてこんな事をするかと言ったら、それは受けて来た教育が悪かったからとしか言いようがない。
 しかし、それは学校教育だけでは方手落ちで学校教育などよりも更に重要なのが家庭教育であろう。その親がどういう親であるかという事でその子の育てられ方、教育が決まってしまう。親が立派な考えを持ち、それを行動に移していれば、子供は自ずと良い子に育つのである。何故ならば子供は親の言う事よりもそのやる事を真似するからである。
 親の考え方と行動こそが最も大きい子供への教育である。

 従って、教育基本法の見直しも大事だが、それよりより大事なのが親達の心である。今現在この様なひどい親がいるというのはそれはその親を育てた親に責任があると思う。
 50~60位の年齢の人達ではないかと思うが、どうもこの年代の人達がきちんとした考えを持って我が子を教育しなかったのではないかと思う。その原因は色々あるだろう。この年代の人達はいわゆる団塊の世代と言われる人達でこの人達は丁度、日本が大東亜戦争に負けて、国民全体が一種虚脱状態にあった時に生まれて来た人達である。
 アメリカが日本を二度と立ち直れない様にしようという意図の元、日本人としての自信を失わせる為にそれまでの日本の歴史と伝統を全否定するような教育が為された事、そして、戦争に負けた事により、この団塊の世代の親達が自信を失い、今までの自分のアイデンティーを自己否定し、家庭で日本人としての誇りとかそうしたものを一切口をつぐんで伝えなかったのではないか?
 私は日本は戦争に負けた事により、終戦時を境にして、それまで日本人が育んできた日本人としての誇り、文化、歴史、伝統というものが遮断された為に所謂、団塊の世代の人達に対する家庭に於ける教育、学校に於ける教育というものに大事な人間としての芯となるものがごっそり抜け落ちてしまった事が今日の悲惨の状況の根底にあると思う。

 それならどうしたらいいかと言ったら、やはりこれは人間としての芯となるものを自覚あるものが叫び、伝えて行く以外無い。その芯の芯とは何か。それは人間は本来、神の子で完全円満であるという事である。

堀 浩二
by koujihori | 2006-10-24 09:53 | 時事問題 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4063397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 今そこにある現象を考える! at 2006-11-15 11:21
タイトル : また子殺しですか、嫌ですね 『今そこにある現象を考える!』
また秋田で幼い子が実の母親の手によって命を絶たれた。掛け替えの無い我が子の命を簡単に奪う親。原因は個人にのみ存在するのか。社会背景は?... more
Tracked from wx93bpth at 2007-12-05 14:15
タイトル : wx93bpth
wx93bpth http://russian.ceroline.info/ russian russian ... more
<< 丑三つ時は最も暗い 自分の中に無限がある(2) >>