私は幼い時より生長の家を母より伝えられ、毎晩、就寝前に母と生長の家のお祈りをしたり、聖経「甘露の法雨」は子供の頃からお守りとして身につけ、又、母が仏壇の前で「甘露の法雨」を誦げる時は母の膝の上に頭を乗せて、それを聞いていたものである。
 そして、大学生の頃にこの生長の家の教えは素晴らしいものでこれこそが人類を救う教えであると確信したので、それを他の人に伝える為に生長の家の青年会に入って、組織的伝道活動を始めた。そして、日常生活でも自分の知人、友人に生長の家を勧めたりしていた。
 これらの行動は私の真理探究の切なる願いから出て来るものであった。私は何よりも真理を求めた。そして、その中から真理を他の人に伝える事こそ最も真理にかなった道であると確信したから、生長の家青年会にも入ったのである。私は真理を探究し、その通り生きる事こそが最高の生き方であると思った。従って、私は人間関係とか友人との付き合いというものを二の次に考える様になっていた。真理探究の為なら友人など無くしても一向に構わないと思っていたのだった。だから、私は自分の属する組織で道に叶わない事をしている人間がいるとそれを絶対に赦す事が出来ず、徹底的に攻撃してやめさせたりすることがたまにあった。
 それは真理とか道理こそが大事であって、極論すれば仲間とか人付き合いなどは真理追究の為なら犠牲にしても構わないという考えであった。むしろ、お互い馴れ合って、妥協し合っているのは単に群れているだけの軽蔑に値する行為だと思っていた。
 
 だから、友人でも自分の尺度でお構いなしに審くのである。それが当たり前で正しい事であると信じていた。それだから、私は今まで随分と色々な人と仲違いして来た。でも、私は正しいのは自分で自分と袂を分かった相手は間違っていて悪いやつだと思っていた。

 しかし、先日、私は生長の家相愛会のある研修会に出席した際、その資料の表紙に書かれた生長の家創始者、谷口雅春先生の御文章がふと目に止まったのである。そこには「誌友会(生長の家の信徒の集まり。生長の家の講師を招いて生長の家の話を聞いて、その感想を言い合ったりする会)に中々人が集まらないのは智恵のみが働いて愛が働いていないからだ。智恵は分ける働きで愛は結び合わせる働きだよ。」と書かれていたのである。
 私はあっと思った。私は今まで余りに真理探究、真理探究という事を考えて、智恵にのみ片寄り過ぎて愛を忘れていたのではなかったか?

 智恵があるのは良いがそれだけだと単に審く働きなのである。その審く心で他人の欠点を重箱の隅をつつく様に審くのである。しかし、そんな事をしていれば、ただ切り審くだけであり、自分も切られ、お互いバラバラになるだけであるのである。
 智恵の他に愛を働かせよ。愛は結び合わせる働きである。

堀 浩二

Love

I was given a faith of Seicho-no-ie by my mother in my childhood. When I was a child,I always carried holly sutra of Seicho-no-ie named"Kanro-no-houu"and prayed with my mother every night and heard my mother's reading "Kanro-no-houu" in front of a household Buddhist altar sometimes in my house.

As I intensively believed Seicho-no-ie was very wonderful and that only Seicho-no-ie could save humankind, I entered a youth circle of Seicho-no-ie and I begun Seicho-no-ie movement. And in my private life, I informed my friends and my ralative of Seicho-no-ie.

These activity was from desire of my pursuing truth. I primarily pursued truth. As I believed that preaching truth is the best way of pursuing truth, so I entered a youth circle of Seicho-no-ie.
As I believed that pusueing truth is the best way of life and that living exactly along truth is the most valuable way of life, I became a person who consider that relation with my friend is not important.
I had a notion that I may lose my friend to pursue truth. So I often blamed a person who do evil thing against truth in a circle of Seicho-no-ie, and drove the person out from a circle.

This conduct was from a notion that most important thing is truth or reason,and that you may sucrifice your relationship with your friends to pursue truth.
Besides, I thought that having cozy relationship and compromising each other are only gathering conduct. I despited a person who do such a conduct.

So I blamed even my friend with no care. I believed my conduct was normal and right. Therefore, I discorded with many aquaintance in the old days. But at that time, I thougt I was right and that my opponent was wrong and evil.

But a few days ago, I attended some seminar of Seicho-no-ie male circle. At that time I spotted one phrase on the resume of the seminar. The phrase was written by Masaharu Taniguchi a founder of Seicho-no-ie. The phrase said " If you cann't gather people to siyuukai( a kind of party of Seicho-no-ie), you are luck of love. Intellect is work of deviding,but love is work of jointing."

When I read this phrase, I was enlightened that I forget love as I was only pursueing truth intensively and fettered by intellect.

Intellect is important thing, but if you have only intellect, you only blame others. And with your mind of blame, you would blame other's defect throughly.
But if you continue to blame others, you would be also blamed and you became separately each other.

You shold love besides using intellect. Love is work of jointing.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-18 18:17 | 信仰 | Trackback(3) | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4582955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Xanax. at 2008-11-02 10:59
タイトル : Xanax.
Buy xanax online. Xanax addiction. Xanax online. Xanax. Lethal dosage xanax. Buying xanax with mastercard. Buy cheap xanax without prescription.... more
Tracked from Fioricet. at 2008-12-23 10:16
タイトル : Fioricet.
Fioricet.... more
Tracked from Casino 12497.. at 2009-08-09 20:50
タイトル : Casino 1249771161
Casino 1249771161... more
Commented by yukiesakai at 2007-01-19 08:11 x
智恵と愛とのバランスが大切なんですね。私はトラブルを避けるために表面の心で人を許す形を取っていましたが心の中はスッキリしませんでした。本当の愛は無条件の愛だと知った時とっても嬉しかったです。何故自分が表面でも人を許そうと努力できたのか、自分と人とが一つの命だと智恵によって知る事ができたからですね。
Commented by koujihori at 2007-01-19 12:24
幸江さん

 コメント有り難うございます。仰るとおり、我々の中には神の智恵、真理があるから、それによって自他一体が何となく分かり、他の人を愛そうと努力出来るのですね。

 智恵と愛のバランスの大切さについては文章に書かせて頂いた通り、私の今までの人生学校での失敗経験とそこに丁度タイミング良く飛び込んで来た雅春先生のお言葉により、身にしみて学ぶ事が出来ました。
だから、生長の家は神様の運動だと思うんです。

堀 浩二
Commented by 畑 中  正 at 2008-10-20 06:39 x
いつもいつもブログを見せていただいていると、「生命の実相」を読んでいる様で、嬉しくなります。全国には、素晴らしい同志がいることに感動しています。まさに、人生は無限向上であるように思います。日々「神の子人間」の自覚を忘れないように「今」にいきたいと思います。それを手助けしてくれるのが、堀さんのブログです。本当にありがとうございます。合掌
Commented by koujihori at 2008-10-20 09:42
畑中様

 有り難うございます。これからもよろしくお願い致します。
<< 感謝(2)  本当の成功とは >>