とらわれないということ 

我々はともすれば心に何かをつかみがちである。自分の財産とか名誉とか地位とか評判とか。欲望のある人間は物的な事、自分の利益とか欲望に引っ掛かるものである。それなら善人は何も引っ掛からないかというとそうではなく、善人は善に引っ掛かるのである。自分の仕事を完璧にやらなくてはならないとかあの人を何とか救わなくてはならないとかこの大事な事を何としても忘れない様にしなくてはならない、記録に残さなくてはならないとか等々。
 生長の家の教えは善にも引っ掛かるなというものである。全ての心のつかみを捨てて、自由になる事が肝要である。

 我々が成功する上で非常に大事なのは今に対して集中するという事である。しかし、我々が何かを心に引っ掛からせているとそれが例え善であっても、我々は心が自由でなく常にとらわれている状態で今に全面的に集中する事が出来ない。
 集中出来ないのは自分の心が何かを抱えて、引っ掛かっているからである。全ての心のつかみを捨てて、心を自由にすれば、今に対する集中力は上がり、判断力も記憶力も理解力も上がるのである。

 そして、一切の心のつかみを放した時、自ずと内側から神が働き、自由自在な判断と働きが出て来て、愛も完遂される。

堀 浩二

Not to be fettered

You have a tendency to grab something for example your property, your renown,your status, your reputation and so on, in your mind some times. Evil human is fettered with their own profit and material desire sometimes. But even righteous person is also fettered with something sometimes. That's a righteousness. Righteous person is often fettered with righteousness for example, doing their task perfectily, saving others throughly, remembering or recording some important thing and so on.

One of Seicho-no-ie doctrine is that you shoud not be fettered with anything even righteousness. It is very important to abondan your any grabing in your mind , be free from anything even righteousness.

To success in your life, you should consentrate on present. But if you are fettered with something even righteousness, you couldn't consentrate on present because your mind is not free.
If you could abondan your grabing in your mind and could make your mind be free, your consentration ability would be improved and your power of judgement and memory would grow up.

If you could abondan your grabing in your mind, God in your inside would work automatically. By the work of God, judgement and love would work apropriately and fully.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-25 09:56 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4620590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 欠点 感謝(2)  >>