欠点

 生長の家では他の人に感謝せよと言われる。そして特に父母への感謝が大切であると教えられる。しかし、現実に隣人や同僚や家族に目を向けるとその人達に心から感謝するというのは至難の技である。特に生長の家をやって人間の本来のあるべき姿というものを学び、自らその様に生きようと努力している者に取っては、そうでない生き方、考え方をしている家族、隣人に感謝するのはとても困難である。何故なら自分の学んだ生長の家の真理で相手を審くからである。
 
 以前、ある生長の家の先生が仰っていたが生長の家の真理は切れ味抜群で、これで自分の親でも兄弟でも審くのである。 
 しかし、生長の家の根本真理は全ての人は今、そのままで神の子であるという事である。それは醜い現象の奥の姿が尊い神の生命であるからそれを拝みましょうという事であるが、今、欠点のあるままでそれが何もその人が心がけが悪いからではなく、その不完全な迷った姿、病んだ姿がそのまま悟りにつながる、即ちその人の内在の神の生命が出て来る過程の姿として拝むのである。

 人間は欠点や至らない所があるのは当たり前なのである。人間は人生学校に於いて、あらゆる能力を開発し、かつその人格向上を色々の経験と失敗とそこにタイミング良く来る神からの人生上の示唆の中からされていくものであるからである。
 
 従って、隣人に欠点や人格的に至らない所があるからと言って、その人間を否定してはならないし、神がその人をして、出て来る姿として拝まなくてはならないのである。

堀 浩二 

Fault

 Seicho-no-ie doctrine says that you should thank others, and that apreciation to your father and mother is very important especially.
But it is very difficult to thank others, for example your neighbors, your coleagues and your family, from the bottom of your mind, when you look at their daily behavior.
Especially, to whom learn ideal human model at Seicho-no-ie, and try to practice as the ideal model, it is very difficult to appreciate others who do not live like the ideal model,and do not think as the ideal model. Because you blame others with a doctrine of Seicho-no-ie

Several years ago, some Seicho-no-ie teacher said that the doctrine of Seicho-no-ie is very keen and that you blame others with a doctrine of Seicho-no-ie.
But the fundamental doctrine of Seicho-no-ie is that humankind is a son of God as it is. That means there is a life of God behind the superficial ugly phenomenon, and that you shold adore the life of God. But in the fundamental doctrine, there is aother meaning that the ugly superficial phenomenon of him is a process of appearing of his real life of God. Namely, you should appreciate his superficial sick phenomenon and his lost mind as a figure of appearing of life of God.

It is natural that humankind has several faults. Because humankind train them to polish their many kind of ability, and polish their personality in their life as school, the training and polishment are done by a lot of experiance of their failuress of their life and the timely message of God.

Therefore, you shold not deny others who have faults and you shold appreciate them as appearing figure of God.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-29 13:13 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4642917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 感謝(3)  とらわれないということ  >>