感謝(3) 

 何故、神に感謝するのかと言ったら、自分はナイからである。自分がしている事は自分ではなくて全て神が自分をしてなさる事であるからである。自分が針の先ほどもあれば、そこに感謝はナイ。何故なら成就出来た事でほんの少しでも自分の努力によりやれたという意識があれば、自分がこれだけやった、やってやったという事になり、神のお陰でということにはならないからである。

 自分が今までやって来た事でこれは自分がやった事だと思っているのは迷いである。自分はナイから自分がやった事など今まで一つもなく、これ全て、神が自分という表現の噴出口としておやりになられておられるのである。そこに自分の功績は一つもなく、全ての栄光は神に帰されるのである。そこにこそ神への満腔の感謝がある。

堀 浩二

Thanks

Ego do not exist, and which you do is done not by your ego but by God. That's why you thank God.
 If ego exist even if the amount is little, there is no thanks for God at there. Because you would reckon that some great work is done by your ego when you do the work by yourself. And you would reckon that the powor of your ego is so great,therefore you wouldn't thank God.

There is no thing which be done by your ego. All things which you have done were done by God through your ego. All grories return not to your ego but to God. At there, there is great thanks toward God.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-01-31 09:13 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4653382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マッチポイント 欠点 >>