どうして生長の家総裁・副総裁に中心帰一するのか

 今回は生長の家の信徒の人を対象とした文章になるのでそうでない人はちょっとご勘弁下さい。
 生長の家では中心帰一が大事という事が盛んに説かれる。中心帰一というのは大宇宙から極微の原子に至るまでものごとには中心というものがあり、太陽系の中心は太陽であり、原子の中心は原子核という中心がある。これが神の御心であり、根本設計であり、組織に属する者はその中心者の御心に帰一する事が大事であると説いている。
 だから、生長の家の信徒の人は当然、生長の家の組織と運動の中心である生長の家総裁・副総裁に中心帰一する事が大事である。しかし、時々そうでない人もいる様である。それで影で先生の批判をしたり、現在の生長の家の運動をくさしたりするのである。それで中には生長の家は神様に中心帰一すればいいと暗に現生長の家総裁・副総裁に中心帰一する事を否定する様なベテラン講師もいる。
 でもこれらの考え方は間違いである。天皇が我らの神性の自覚の映しである様に生長の家総裁・副総裁は我ら生長の家信徒の生長の家の信仰の自覚の映しである。

 神の国は既に我らの中にある。従って全ての真理は既に我らの中にあるのである。それが真理である。しかし、だからと言って、生長の家総裁・副総裁の言う事など耳を傾ける必要は無いという事では無いのである。
 我々の素晴らしさ、無限力は我々の中に既にある。そして、それは自分で出て来るのである。そして、その自分で出て来る過程において、自分の中からインスピレーションによって導かれる事もあれば、師によって導かれる事もある。私もテニスとか英会話とか真剣にやる中で私の中の才能と力が努力とか経験という過程を通して、自分で出て来るのであるが、それが大抵は自分の中からのインスピレーション的に出て来る事が多いが外からの働きかけとか先生の教えで導かれる事もしばしばある。それは自他一体であるからである。
 それは私が自分の外に真理を求めたのではなくて、自分の中に既にある宇宙の真理が自分と自他一体の師やその他の人々を通して、顕現したのである。それが師の教えである。そこに師への満腔の感謝がある。
 だから、生長の家の真理を学び、運動を進める上で生長の家の総裁・副総裁に中心帰一するとは自分の中の生長の家の神を信じ、中心帰一し、ひたすらその様に行動する事を念願する事なのである。

堀 浩二

Why do you return to the teaching of the president and vice-president of Seicho-no-ie?

This time , as my statement is for members of Seicho-no-ie, So I'd rike to apologize to other peole besides members of Seicho-no-ie.

At Seicho-no-ie, returning to the teaching of a president and vice-president of Seicho-no-ie is taught as a very important thing.
There is a center in anything. For example, there is a sun as a center; in the solar system, and there is a atomic nucleus as a center;in atom. This is a funfamental design of God. So it is very important that you return to a reader of the organization which you belong to.

So if you are a member of Seicho-no-ie, it is very important for you to return to president and vice-president of Seicho-no-ie. But some Seicho-no-ie members do not do that. They critisize a president and vice-president of Seicho-no-ie and blame now movement of Seicho-no-ie behind the scenes.
Some veteran lecturer says that it is OK for you to return to only God. It means that you may not return to a president and vice-president of Seicho-no-ie.
But these idea is not right. As the Emperor is your refrection of your recognization of your a nature of God, a president and vice-president of Seicho-no-ie are your reflection of your faith of Seicho-no-ie.

There is a country of God in your inside. Therefore all truth is in your inside. But it is a misunderstanding that you may not listen to the statement of a president and vice-president of Seicho-no-ie.
There is a wonderfulness and infinit power of God in your inside. And these wonderfulness appear automatically. At the process of appearing, the appearing is lead by your own inspiration usually, but sometimes your appearing of your wonderfulness of God in your inside; is lead by your teacher and some advice of your friend.
As your inside life and every other people's life are identitical at the life of God, through your teacher and your friends, your infinit power of God grow and appear automatically. There is a great thanks to your teacher at the situaiton.

So it is the same thing as believing in God of Seicho-no-ie and wanting to act in accordance with God of Seicho-no-ie; that you return to a president and vice-president of Seicho-no-ie.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-19 10:45 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4777115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 英会話のすすめ at 2007-02-20 03:07
タイトル : 英会話のすすめ
英会話学習のお役立ち情報をお伝えします。... more
Commented by TA at 2007-02-19 13:00 x
 こんにちは! ごぶさたしています。

 それにしても堀さんの「中心帰一」は筋金入りですね。いつも先生のブログへも積極的にコメントされていて、素晴らしいなぁと思います。また、最近はブログを英語でも書いておられるのですね。これは日本語で書いたものを英訳しておられるのでしょうか?

 また、英語も先生のアドバイスを受けてずっと続けておられるのですね。私の周りでそういう人はあまりいません。私も先生が1992年、94年に北米で講演をされたことなどがきっかけで(そのほかにも理由はあります~)、99年から英語を始めました。少しタイムラグがありますけど……。今は、NHKラジオの「ビジネス英会話」が一番の先生で、その他は週1回家庭教師の先生から教えてもらうなどしています。そして、ときどき英語のブログも更新しています。生長の家で英語の学習仲間がいることは、とっても嬉しく、心強いです。

-TA
Commented by koujihori at 2007-02-19 16:59
TAさん

コメント有り難うございました。

〉これは日本語で書いたものを英訳しておられるのでしょうか?

 そうです。最初に日本語で書いて、それをプリントアウトして後からじっくり英作します。だから、当ブログでも日本語だけの期間というのが1~2日続く事があります。でも余り、一字一句完璧に訳そうとすると頭が痛くなって来るので、意訳を心掛けています。

 私の夢は英語で世界の人達相手に生長の家の講話をする事です。それを神奈川在住の生長の家ブラジル人信徒のある素晴らしい女性に話したら、「あなたは何故、自分のブログに英訳文をつけないのか?」と言われたのがきっかけで今年から英作に挑戦しています。

 TAさんもビジネス英会話など上級のテキストで頑張っていますね。お互い国際平和信仰運動の為に頑張りましょう。
Commented at 2007-02-20 20:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koujihori at 2007-02-21 09:56
ericaさん

 お久しぶりですね。コメント有り難うございました。あなたのお陰でこうして、英語版も出来る様になりました。

 これからも頑張ります。

Commented by erica at 2007-02-21 13:53 x
英語能力取得やブロッグの文書のメリットは、すべて、あなた御自身のものです。
国際平和信仰運動は、まず自分に出来るところ、特に自分だけに出来ることから、はじめなければいけないと思います。お互いに出来る範囲で頑張っていきましょう。
<< 集中力 型 >>