生長の家では罪はナイと教えている。人間は罪があると思うから罪を犯すのである。そして、人類が人類に罪アリと固く信じ、そしてその自己の信念通り自ら罪を犯し、そして、その罪人たる自分自身を自己処罰するのである。それが人生上に起こるあらゆる不幸、病気、災難、戦争等の原因である。
 生長の家では罪はナイと教えられるから、その罪の自己処罰の結果である病気等の色々の不幸が消えるのである。

 人間は道徳的に人間の本来の姿を勉強すると、人間たるものかくあるべし、かく生きるべしという規範が出来る。しかし、人間というものはこういう事は罪だ、悪だと思えば思うほど却って、それが誘惑になって、その事を犯してみたくなるのである。それはこれは良くない事だと余りに心に印象させる為に心に罪を描き、心に描いたものはどうしても形に現れるという心の法則があるからそれでどうしてもその事を犯してしまうのである。
 従って、いくら罪を犯すまいとしても罪を心に描けば、罪は出て来る。そして、その罪を犯した後、自分で自分に嫌気がさし、自己嫌悪に陥り、ああ、自分は駄目なものだ、真理を実行出来ない生長の家落第生だなんて嘆息するのである。しかし、その事でまた、罪ある自分を心に印象する事になるから、またいつかむずむずとその良くない事をどうしてもしたくなってまたしてしまうのである。それを業の法則と言うのである。

 罪を犯すのは自分が真理を実行出来ない駄目な者であるからではない。自分の心の自覚がまだ幼くて罪というものがこの世にアルのだという思い違いをしていた頃に罪を心に描き、心に描いたものは自ずと実現するという心の法則があるからそれが出て来ただけの事である。従って、自分の行動に罪が出たら、その自分の過去の迷いが消える姿と思って、感謝して悦んだらいいのである。そうしたら、もう二度と同様の罪は犯さなくなる。
 自己の内から自ずと悟りが出て、この世に神は罪や悪を本来一つもお造りになっていないという事に目覚めれば、罪はナイと分かるが故に罪を心に描かなくなり、自ずと罪を犯さない様になるのである。だから、罪は放っておけば良いのである。
 
堀 浩二

Sin

Seicho-no-ie doctrine teachs that there is no sin in this world. If you imagine that there is a sin in this world, you would become to commit a sin. And you would panish yourself, the punishment by yourself is a only cause of all misfortune, for example, disease, waging war and disaster.
As you are taught that there is no sin; at Seicho-no-ie,all your misfortune would disappear.

If you study that human should do a right thing, you are going to make yourself obey the right thing. But, if you think some conduct is evil, you would become to want to do the thing paradoxically, Because you would become to be attracted by that.
If you imagine something in your mind , that thing is going to appear.That's why you become to want to do what you think evil.

Therefore you become to commit the sin nontheless you are going to profibit yourself from commiting the sin. And after commiting the sin, you regret too much and you dislike yourself and you sigh deeply with a thought that you are not valuable person as a believer of Seicho-no-ie.
But, by such a too much regret, you become to commit the sin again some day. Because you imagine your evil image in your mind by excessive regreting your sin. As you image your sin in your mind, you will become to want to do the same thing some day. This is a law of karma.

Your commiting a sin doesn't come from that you are lazy for effort of doing a life style of Seicho-no-ie. As your consciousness is infant, you imagine that evil exist. So you imagine some evil thing in your mind. That's why you commit a sin. Because what you imagine in your mind appear some day.
Therefore, when you commit a sin, you may joy with a reason that your inside misunderstanding that sin exist dissapear by appearing of it. So you won't commit a same sin again.

If you realize that evil thiing and evil person do not exist by appearing of your truth of life automatically, you become not to imagine any evil in your mind. So you became not to commit any sin automatically.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-02-27 09:07 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4844556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Casino 12418.. at 2009-05-20 16:23
タイトル : Casino 1241803932
Casino 1241803932... more
<< 現象 悪に刃向かうな >>