現象

  生長の家の神示の中の「久遠生命の神示」には「吾が臨たれるは物のためではない。生命のためである。肉のためではない。霊のためである。これを覚るものは少ない。物の消滅に心をとらえられ、物が殖えたときに信仰を高め、物が減ったときに信仰を失い、身体が健康になったときに神を讃え、家族の誰かに病気が起こったと言っては信仰を失うが如きは神を信じているのではなく物を信じているのである。物は結局移り変わるものであるから、物の御利益の上に建てられた信仰は物の移り変わりによって壊れるのである。」とある。
 
 生長の家に入って来る人は大抵は肉体やその他、現象の問題を抱えており、それを良くしたくて入って来る。しかし、それは本当の信仰への単なるきっかけに過ぎない。即ち、信仰で大事なのは肉体とか現象が良くなる事ではなくて、肉体や現象はナイと知り、自分の本当の生命が今、そのままで完全円満であるという事を悟る事にある。その悟りがあれば、後からあくまで結果として、肉体とか現象の健全化という影が出て来る。しかし、それが目的ではない。
 
 現象は過去の念の残像に過ぎないものであり、ゆらゆらと定まらないものである。そんなものにとらわれるな。
現象がどうなろうと良くしかならない世界を信じる事が信仰である。そこからこそ、神の国の展開がある。

現象とは吾らの心の影であるから、それを見て、自分の心の状態を反省する事は大事である。自分の肉体とか境遇に不調和な所があれば、自分の心に間違った不調和な所があるのだから、現象を反省材料として自己の心を改める事が出来る。しかし、現象は前述の様に自分の過去の念の残像に過ぎないものであり、今、良かったと思ったら次の瞬間悪くなるような実にゆらゆらと定まらないものである。そんなものを良くしようとして、その良し悪しで自分の悦びが左右される様な事があってはならない。

 現象が如何なるものであろうとも、それは「無」と断ち切って、今、そのままで完全円満の自己の生命を悦ぶべし。
 神の国は今、既に吾らの内にある。現象即ち外の世界に神の国を求めるな。現象が良くなって始めて悦べるというのは現象即ち外の世界に神の国を求めているのである。

 吾らは肉体や物質に生かされているのではない。完全円満なる霊なる神に生かされ、力を与えられているのである。
 それを信じて立ち上がった時に後から肉体も健全になり、神経細胞も修復され、健康になるのである。

堀 浩二

Phenomenon

The people who come to Seicho-no-ie almost have a problem which is desease or other problem of phenomenon. But the problem is only a chance to enter true faith. Namely, most important thing of faith is not that your flesh or your other phenomonon be cured , but that you realize there is no phonomennon, but that you realize your perfect truth of life in your inside.
If you realize that your truth of life is perfect, your body and other phenomenon would be cured in consequence. But a poupose of your faith is not that your body is cured.

Phenomenon is only a reflection of your past thought. That moves to and fro. Don't be fettered with such a thing.
True faith is that you believe your truth of life, nontheless a phenomenon around you would become worse. There is a true appearing of a country of God in such a faith.

As phenomenon is a reflection of your mind, it is important for you to know how is your mind by seeing phenomenon. If your body or other pheonomenon have some fault, there is a bad phase in your mind. So you can reconsider what mind you should have by seeing phenomenon including your body around you.
But phonomenon is not stable and like waves. Even if Now phenomenon around you would be OK, that change worse just next moment. You shouldn't be influenced by such a unstable thing.
You should joy that there is your perfect truth of life in your inside already, nontheless a phenomon around you would not be good.You should see a phenomeno as nothing.
There is a country of God in your inside already. Do not pursue that toward phenomeon. If you would joy in that phenomenon around you become better, you pursue a country of God toward outside of you.

You can live not by fresh or material but by life of God which is perfect. If you believe the truth, your flesh and other phenomenon would become better.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-03-02 09:28 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4869078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神の進軍 罪 >>