神の進軍

 生長の家の聖典「生命の実相」第7巻には「艱難を光明化せよ」という章がある。そこには「人生というものは光明が暗黒の中を勇ましく進軍していく工程である。われらは皆、生命なのだ、生命の本来の面目は自由自在なところにある。しかし自由が自由と分かるのは自分がただ障害を破った時においてのみである。(中略)障害は潜れている生命の自由さを引き立たす役でしかない。(中略)だから障害こそは吾らの生命に光明を放たしむる要素なのだ。」とある。
 
 私は生長の家を幼少の頃、母から伝えられ、その後、大学時代に生長の家青年会に入って、一所懸命生長の家をやって来た。その中で生長の家は心の法則というものを説くから、生長の家で教えられる神の子無限力の実相の素晴らしさをこの現象世界に自他共に顕現させる為には私が気をつけて、この自分の念のレンズを正しい歪みの無いものにし、自分の行動を完璧に神らしいものにしなくてはならないと気を張って来た。
 そして、ちょっとでも自分の行動に迷いや間違いがあれば、実相は神の子であっても、この現象世界にはそれが現れず、それに失敗すれば、どうしようもないのだと思って来た。要するに神の完全円満な世界は実相世界のみであって、この現象世界は自分が気を張って、コントロールしなければたちまち不幸に陥ってしまうと思っていたのであった。
 そんな状態が続く中、私は遂に自分のエゴに勝てず、自分の心のコントロールに失敗し、病気になり、不眠症になってしまったのである。それが11年前である。しかし、それがきっかけで私は生長の家宇治別格本山に導かれ、そこで私に取って生涯最高の師である故榎本恵吾先生の薫陶を受ける事が出来て、救われ、現在に至っているのである。
 
 考えて見れば、私の人生は様々な失敗もあったし、人を傷付けた事もあった。病気になった事もあった。でも私の人生において起こって来た事は全て、私の実相顕現の為に起こって来た事であった。
 それは正に光の進軍であったとしか言いようが無い。私が母親から幼い時に生長の家を教えられた事はもちろんの事、その後、青年会に入って、一所懸命生長の家をやった事、そしてそれがやり切れなくて、道を踏み外し、転落して病気になった事、これさえも今から考えれば神の導きであったとしか言いようが無い。それが証拠にそれがきっかけで私の生涯最高の師に巡り会い、宇宙最高の教えの神髄を授けられたのである。即ち、私が自分の心のコントロールに失敗して転落したと思っていた時でも私は神の懐に抱かれていたのである。
 そして、その後のこの10年間はその宇治の道場で学んだ生長の家の神髄を観念的なものから如何に具体的なものとして把握し、実生活に展開させるかという訓練の連続であった。そして、その訓練は家庭生活を通して、仕事を通して、英会話の勉強を通して、趣味のテニスを通して、実に絶妙なタイミングで為されて来た。どれ一つ抜けても現在の自分は無いだろうという一つ一つの学びが全て、重要で無くてはならないものであった。
 それらの私の生長は本当に私の周りの様々な人達の絶妙なタイミングでの導きや働きかけによって、為されて来たのである。そう考えるとこの世界は光の進軍、神の進軍でしかないという事が分かるのである。
 誠にもこの世界は自分が生きているのではない。神のみが実在であって、神が生きている人生、神生である。そして、それが現象的に見て、如何なる不幸な事が起こって来ようが全て、それは神の光の進軍であり、神が御自分で出て来て、現象に表現される一つの初期過程であった。

堀 浩二


The march of God

In a holly book of Seicho-no-ie, named "Truth of life" 7th volume, there is a chapter,named "Lighten your hardship". It says that your life is a march of light and that there is a hardship for you to perform your inside freedom by beating your hardship.

I was given a teaching of Seicho-no-ie when I was a infant child by my mother,and after growing up I joined the circle of youth of Seicho-no-ie when I was a student of University,and I did a activity of the circle hard. Meanwhile, as I believed in the law of mind, I tried to put my mind in right direction cautiously and I tried to do right thing perfectly.
And I thoght that if I failed to controle my mind toward right direction,I would fell into a abyss of this world even if my real life was a chilid of God. I thought that perfect world is only heaven, and that I had to control my mind to became happy in this phenomenon world. So I always was in intenseness to control my mind toward right direction.
But, while I was struggling to control my mind, eventually I failed to control my mind by failing to conquer my ego. After that, I became ill; insomnia. That was 11 years ago. But by the chance, I was lead to Uji training room of Seicho-no-ie, and at the place, I met my supreme teacher named Keigo Enomoto. Thanks to the teaching of teacher Enomoto, I was given the essence of Seicho-no-ie. So I was saved by that. Ahter that I became healthy and I became to have a big power to live.

There was a several of mistakes in my life, for example; injuring others, becoming ill,and so on. But thanks to these failures in my life, my real life of God has been appearing on to the phenomenon.
My life is only the march of light of God. For example, being given teaching of Seicho-no-ie by my mother and giving effort to the activity of Seicho-no-ie, and failing in controling my mind and on the consequence, becaming ill. Even becoming ill is the march of light of God. Because thanks to the ill, I was lead to my best teacher of Seicho-no-ie.
Namely, even in while I failed to control my mind and fell into a abyss on the consequence, I was held in the arm of God.

After being enlightened at Uji training room, for this ten years I have been practicing to turn my enlightment which only had been notional to actual thing. The practice have been being done through my family life, my job, studying English conversation and praying tennis in very good timing. If any of these practice would be rack, present I would not exist.

The practice has been leading by the advice of various people and by working of my friends to me. Because this world is a march of God.
You live with a life of God. Your life is a life of God. If any hard disaster would happen on the surface of your life,within the back there is a march of God. The disaster and evil are first step of the appearing of God which exist in your inside.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-03-05 09:59 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4891373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神からの贈り物 現象 >>