神からの贈り物

 ある宗教の寓話であるが、ある所にある王国があって、その国の王様に待望の王子が生まれたが、その後、すぐにその王子は誰かに誘拐されてしまったのである。赤ん坊の王子はあるルンペンに育てられ、ルンペンの子供として成長した。
 王様は自分の跡継ぎである王子が居なくなった事を嘆き悲しみ、そして国中、くまなく捜したが、遂に我が子の居場所を突き止める事が出来た。しかし、それはもうその王子がルンペンとして成長した後であったのである。
 王様はルンペンとして成長した王子を自分の王宮に連れ戻そうとして、自分の兵隊を王子の元へ遣わした。しかし、王子はそれを自分を捕らえに来たものと勘違いして、恐れおののいて逃げてしまった。それで王様は考えて、まず王子の為に土方の仕事を与えたのである。それに対しては王子は自分にもふさわしい仕事と判断して、喜んでその土方の仕事をした。そして、段々と上等な仕事を与えて行って、遂に最後にお前は私の息子でこの国の王子であり、跡継ぎであると諭し、王宮に連れ返したとある。

 これは王国というのは実相世界、神の国の事であり、王様というのは神様の事であり、王子というのは言うまでもなく神の子即ち我々一人一人の事である。
 この様に我々は表面はどんなに汚れていても、始めから悟りを啓いて、無限の力を神に与えられている神の子である。しかし、それを現象世界に表現する為に現象世界に最初現れた時はその記憶を消されているのである。そして、それをこの人生学校で様々な仕事、修行をする中で段々とその本来神の子であるという記憶を取り戻し、その素晴らしさを表現して行くのである。それが悟るという事である。

 我々は始めから完全円満の神の子であり、神に完全に生かされ、無限の智恵と力を与えられているのに、その表現の初期段階においてはそれを忘れている為に(忘れているというのは一つの例えである。正しくは内に無限の才能を秘めていても、その表現の初期段階においてはまだ稚拙であるという意味である。)その素晴らしい宝物があるよと人から言われても、そんな馬鹿な事があるかとそれを否定して、逃げ回るなんて事があるのである。
 私は会社で新規雇用の担当をしており、会社の求人募集に対して、応募して来る応募者の面接をするのである。そして、数人面接してその中からこの人間が適当であろうと思う候補者を絞り、その応募者に社長に面談してもらう為に再度、また会社に来てもらった事がある。その時、社長はその応募者の履歴書に目を通し、その経歴に対し、多少否定的な事をその応募者に言ったのである。でも、口ではそうは言っても、社長もこの応募者でいいだろうという旨、私に通知し、そして、会社の総意としてその応募者の採用を決定し、そして採用決定の旨、この応募者に私の口から伝えた。しかし、彼は一瞬、意外な顔をして、次の瞬間、「辞退させて頂きます。」と言ったのであった。私は仰天し、何故、そんな事を言うのかと聞いた所、さっきの社長との面談の時、自分の経歴を批判され、自分が半端者であるという事が分かりましたので辞退させて下さいと言うのである。
 私は「社長は口が悪いからあんな事を言ったのであり、会社の総意として、数人の応募者の中であなたが一番、良い人材であると判断したから、採用を決めたのであって、勝手に自己限定してはならない。」と諭し、その応募者も納得し、今度、彼は我が社に入社する事になったのである。

 私の師である榎本恵吾先生はよく「あなた方は神様からの贈り物をただ受取りさえすればいいんですよ。神様の願いは既にあなた方に与えている無限の宝を素直に受け取ってくれよというものなんですよ。あなた方は神様からの贈り物を受け取る事を遠慮しないという事さえすればいいんですよ。」と仰っていた。
 我々は今、このままで神の国に住んでいるのであり、今、このままで完全円満、無限力であり、一度も罪も誤りも犯した事が無い完全無欠の存在であるのである。
 しかし、その神の贈り物を素直に受け取らないで、自分はまだ駄目だ、まだ力が無い、まだ悟っていないと思って、勝手に自己限定して良くなろう、良くなろうとしている人が非常に多いのである。そして、これをやれば病気が治るだろう、悟るだろうとせっせと生長の家の行に励んでいるが、それでは永遠に悟る事も良くなる事も出来ないのである。

これさえやれば良くなるという考えではいつまで経っても神の国に入る事は無い。何故なら、そう思う事自体がまだ神の国に居ないと思う事であるからだ。
 我々はたった今、既に神の国に居るのであり、何も問題が無いのである。我々は今、目の前の事から逃げなければ、その事が見出せるのである。罪の報いも自壊作用も本来無い。我々は今、このままで悟っており、完全円満、自由自在の神である。

堀 浩二


A gift from God

There is a metaphor of some religion. It says that once upon a time there was a kingdom in some place and that a baby of the king was born. But, the baby was kidnapped by someone just after the birth. The baby was raised by some begger, And the baby was grown up as a begger. As the baby of the king was kidnapped, the king ramented very much and he seached his baby all over the kingdom. Eventually, the king found his son,but at the time, his son was already grown up as a begger.
The king made his soldier go to the place where the beggor who was his son was; to take the beggor to his palace. But the beggor was astonished by soldier coming, he was afraid that he would be caught by the soldiers. So the beggor run away with a fear.
So the king gave some task to the beggor. The task was some outdoor labor. The beggor did the task at ease. Because he thought that tha task was suitable to his ability. After that, the king gave an another task which level was higher than first one, so the king continued to gave tasks which level was going up gradually to the beggor. And eventually, the king told the beggor that the beggor is his son, prince who was a heir of the kingdom. And the king took his son to his palace.  

In this metapher, the kingdom is equals to the a country of God, the king is equals to God. And naturally, the prince is equals to a son of God which is ours.
As this metapher, you are son of God who is enlightend from the beginning as it is, even if your surface would be ugly. But your memory which is that you are son of God had been erased when you appear on this phnomeonon world at first. And you remind that you are son of God as you effort your task and study some subject in your life school. That is enlightenment.

Yor would run away from a person who tell you that you are son of God because you forget that you are a son of God. (the word "forget" is not acurate. The word means that if you have a infinitive power in your inside, at first step your express level is still low)
In my company, I charge a role of interviewing applicants to my company. Some day I interviewed a several applicants, after that I chosen a best applicant among a several applicants.
And I called on him to ask him to visit our company to see our companies president. Our president said to him a litttle denial comment about his carreer while seeing his legime. But after the interview the president told me that the applicant was OK. So I told the applicant that our company adopt him. But to hear my proposal, he seemed a little astonished at the next moment the applicant reject our proposal. I was upset to hear his answer. So I asked him why did he reject our proposal. He answered the reason that he realized he was idiot who could not continue any task to hear the statement of our president. So he was going to give up to take a job.
I told him that the president said a little denial comment as his tongue was a little bitter and that our company was going to adopt you as a best applicant. And I added a statement that you should not give up your possibility nontheless our company admit you as a best applicant. So he accepted my persuation and he is going to take a job of my company from next week.

My best teacher Keigo Enomoto often said that you had only to accept a gift from God. A hope of God was that you accept a gift of God. You had only not to be hesitate to accept a gift from God.
You are a perfect life of God and you live in the country of God now as it is. You are perfect innocent now. Your power is infinite now.
But you have a tendancy not to believe that you are perfect now. So you are going to become better than now you and you are going to give a effort, for example practice of Seicho-no-ie to become better. But as you have such a negative idea, you never become better or never be enlightend. Because you think you are yet perfect now, so you cann't become better.

To tell the truth, true you are perfect right now, you don't have any problem right now. If you do not run away from what is in front of you, you would find out this truth.

Kohji Hori  
by koujihori | 2007-03-07 10:20 | 信仰 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4906858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 酒井幸江 at 2007-03-08 02:05 x
いつもながら感動しました。新規雇用の方の気持ちもわかります。私も同じような経験をした事があるからです。今とても嬉しい事なのですが、すごくハードルの高い学びをいただいています。怖いです。でも乗り越えられない課題は与えられない。すでに神の子ですね。堀先生のブログのおかげで私は去年の今頃は思っても見なかった怖いくらい素晴らしい状態にあります。完全円満、自由自在の神。そうですね。そのまま神ですね。
Commented by koujihori at 2007-03-08 08:50
幸江さん

 コメント有り難うございました。どういうハードルか分かりませんが、幸江さんの仰る通り、神様は現在の自分の実力では解決出来ない問題は決してお与えにはなりません。
 必ず解決出来ます。神様が解決して下さるのですよ。「もう駄目だ。」とその課題から顔をそむけさえしないで、そのままであれば、神様が乗り越えさせてくれますよ。
<< 不思善悪 神の進軍 >>