一切は師である。

 我が社では現在、新入社員を募集しており、その応募者を面接するのが私の役目であるので、先日もある応募者の面接をした。
 その人物はきさくな感じの人物で良い第一印象であった。そして、履歴書を見たら、ある神道系の新興宗教の学校に通っていた事があり、それを履歴書に記載しているのである。それでそこの宗教のパンフレットまで私に見せてくれた。
 私は自分が生長の家で他の宗教に理解があるからいいもののこんな事を履歴書に書いたり、面接官にその宗教のパンフレットなんか見せたら就職の時に却って不利だろうと思いつつ、その人がどんな信仰を持っているかと知りたくて、その宗教の教義とか内容とか歴史について色々とその応募者に質問してみた。そうしたら、中々立派な宗教で生長の家の説く所と大部分一致するのである。
 そして、そのパンフレットに書かれている文章をじっくり読んで見た。そうしたらそこには現代の問題である「いじめ」について書かれており、いじめを受けるのは自分に我が儘な心があるのをいじめっ子が教えてくれているのであって、いじめを受けるのは自分に責任があると書いてあったのである。
 私はその時、ハッと思った。実はその朝、自分のこのブログを開いて見たら、誰かが匿名のコメントを十件以上送って来てあったのである。何だろうと思ったら、それは嫌がらせのコメントで「死ね」だの滅茶苦茶な事が書いてあった。その発信日付を見たらその日の早朝の6時位に集中して連続で送られて来ているのであった。私は「これが良く問題になっているいわゆるインターネットブウリング(インターネットによるいじめ)か。」と思った。詳細はここでは伏せるがある理由でこれにはかなりショックを受けた。
  
 そんな事があって、そのすぐ後にその面接があり、そして、既に述べた様にその人の持ってきた宗教のパンフレットに目を通して、「いじめ」に関するその文章に出会ったのである。
 そこで私は一気に気が付いた。「ああ、今朝の私のブログに来ていた嫌がらせのコメントは私の我が儘の心の映しであり、その事を教えてくれるものであった。」と。

 私はその当時、色々な不満や疑心暗鬼や怒りが頭をよぎる事が多かった。私はどちらかと言うと生まれついてより我(が)が強く、「絶対こうでなくてはならぬ。」という考えが強かったのである。それは良い言い方をすれば正義感が強いという事にもなるが、悪い言い方をすれば、我が儘という事である。それで自分が理想とする状態を心に描き、他人にそれを押し付ける気持ちがまだかなり残っていたのだと思う。だから、他人が自分の思うとおりの正しい事をしていないと腹が立って仕方が無く、私は割合、態度に出る方だから、会社の人などもそれを感じていたと思う。
 しかし、それは「そのまま」を信頼せず、拒絶し、絶対こうでなくてはならぬと頑張る自己限定であり、我(が)の心であった。それでそうでない相手の態度、周りの情勢などがあるとそれを受け入れられず、不満に思ったり、それが相手への怒りの感情になるのであり、またそれは不安にもつながるのである。

 我々は本来、何時如何なる時も恵まれているのである。表面が自分の思い通りにならないからと言って、不足を言ってはならないし、どんな事になろうともそれは神様が自分に取って、最も良くして下さる為の御計画なのである。表面を見て、不足を言うのが我が儘である。その事が私はまだ良く分かっていなかったのである。

冒頭に述べたその応募者は腰が悪いという事で結局、辞退して来た。しかし、その人はまさしく私の魂を救う為に神様が遣わした使者であったのである。
 私はその時の経験以外にも実にあらゆる所で偶然に現在の自分の状態に最も適したとてつもない貴重な教訓に出会う事が良くある。それは勿論、生長の家の本であったり、生長の家でなくても今回の様な他宗教や友人達の何気ない一言であったり、事象であったりする。要するにこの世界は単なる物質世界でなくて今、このままで一切の森羅万象がそのまま神の教えであり教訓であるのである。それは私のみに限らない。全ての人に取ってそうなのである。問題はそれを素直に受け取るかどうかだけであると思う。

堀 浩二


Everything is your teacher.

Our company is looking for a new employee, as I charge the role of interviewing a applicant, I interviewed some applicant a couple of days ago.
The applicant whom I interviewed was a cheerful person, and his first impression was good. And he wrote his some career that he corresponded to some school which was some shinto-style new religion school in his resume. And he showed me a brochure of the religion.
As I thought that he maybe became bein disadvantaged in such a style when he tried to get a job, I asked some question about the religion, for examle.the doctrine, the history to know his belief.
So I could see the religion was a good and excellent, and the doctrine was almost the same as Seicho-no-ie.
And I read the statements on the brousure of the religion. In the brouchure, some teaching was written, it said that if you would be bullied by others, you must be egoistic,and the person who bully you teachs you that you have a egoistic mind, so you have a responsibility of being bullied.
At that time I was enlighten of something. To tell the truth, in the morning of the day, I found more than 10 coments in my blog. Those coments were slander coment. It said You should die! or something horrible. Those coments were written continuously about 6:00am in the morinig. I thought that such a coments were famous for a big ploblem in the society, it was so called “internet bulling”. And I was shocked with that in that some reason.

After that I interviewed a applicant whom I already mentioned on the top of this statement. As I mentioned already, I read some teaching that you have a responsibility of being bullied; of the religion.
At that time, I realized that the bulling coments which I received in the morning were a reflection of my egoistic mind.

At that time, I was a in some melancholic condition , for example complaints about something, doubting others , angring my collegur. My charactor had a tendency of ego from my birth, I had a thougt that you should be such a condition. That charactor has a not only good phase of loving a rightesness, but also a phase of egoism. So I imaged a ideal image for me, and I had a tendency of pushing others my ideal image. So I got ungly if others do not act as my ideal image. As I had a tendency of expressing my emotion, my collegues of my company would feel about my angry atmosphere.

But, such a style of idea was a not trusting a natural stream of God,and was being rejecting the natural stream of God, was a restriction that you should do in such a way by myself,and was ego of mine. So I couldn't except a other's conduct which not fit my ideal image, and I become get angly to others, and such a emotion became a unease of mine.

To tell the truth,You are given a lot of blessing of God in any time, you should not say a complaint if a surface around you is not like your ideal image of your ego. And if a surface of your circumstances around you would become worse, that's a God's plan that God make your life happy. To say a complaint seeing a suface; is egoistic conduct. At that time I didn't realize that.

After that, the applicant rejected to get a job of my company ,because he didn't have a possibility of doing the job in that he had a pain in his back.
But he was a very messenger of God to save my soul. Besides this experience, I often give a very good leading to solve my problem at that time by God. Naturally it comes often from a book of Seicho-no-ie, but it also comes from other religion and my friends statement so on. Namely every phenomonon around you is a teaching of God. If you have a genuine mind, you could see the teaching.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-03-15 11:24 | 信仰 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/4961921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アポロ漫録 at 2007-03-15 11:53
タイトル : なぜいじめられるのか - Strength
あなたが強くなれば強くなるほど、敵は数を増やして対抗してくるだけなのだ。いじめは決してなくならない。むしろ、弱くなれ... more
Tracked from 爆乳岡田姉妹の妹 Jカッ.. at 2007-07-11 17:58
タイトル : 爆乳岡田姉妹の妹 Jカップ 潤音じゅんね DVDではカッ..
爆乳岡田姉妹の妹 Jカップ 潤音じゅんね DVDではカットになった乳首はみ出し動...... more
<< 生長とは 現象はナイ(3) >>