世界フィギュアを観て

 24日の土曜日、世界フィギュアスケート選手権の最終日、女子フリーの演技があり、安藤美姫が見事、逆転で優勝した。前日の23日のショートプログラムでは韓国のヨナ・キム選手がダントツのトップで、安藤美姫は2位であった。安藤と並ぶ日本のエース、浅田真央選手はジャンプに失敗し、5位と大幅に出遅れた。1位のキム選手と浅田選手とはショートプログラムが終わった時点で10点以上も差をつけられたのである。

 そして、翌日のフリーの演技では何かリンクに異様な雰囲気があった様でジャンプに失敗して転倒する選手が相次いだ。そして、最終組6人の演技が始まり、キム選手までが2回もジャンプで転倒する失敗をした。
 それでもその時点でキム選手がトップであったが、その直後に演技した浅田真央選手がほぼノーミスの素晴らしい演技をして、何とキム選手を逆転して、トップに躍り出た。浅田選手はこの大舞台で自分の最高の演技が出来て、演技が終わった瞬間にもう涙を流して悦んでいた。そして、マスコミのインタビューに答えた時もほぼ自分の優勝を確信したかの様に喜んでいた。そして、最後に演技する安藤美姫選手の結果待ちという事になったのだが、浅田選手を始め、殆どの人が浅田選手の優勝はもう決まりと思ったと思う。
 しかし、安藤選手は着実に優勝を狙う為に得意の4回転ジャンプを封印し、3回転とし、そして、去年のトリノオリンピックの時とは見違える程、シャープな動きを見せ、完璧な演技を見せた。そして、何と浅田選手と0.64ポイント差の僅差で見事に優勝した。安藤選手は試合後のインタビューでこの一年は本当につらい事があったが、コーチを始め、家族や友人の支えで優勝出来たという事を素直に感涙にむせびながらその悦びを語っていた。
 これで安藤選手が金メダル、浅田選手が銀メダルと世界フィギュアで日本人が金銀両方取ったのは史上初という日本人に取っては大変、嬉しい結果となった。
 浅田選手はマスコミに銀メダルを取った感想を聞かれて、「嬉しいです。」と答えていたが、私は彼女はおそらく相当くやしい思いをしていると思う。ショートで5位であったのにフリーで最高の演技をする事が出来て、10点差以上あった1位のキム選手を逆転して、もう天にも昇る気持ちであったろうに、それを金メダルを後から演技した安藤選手に持って行かれたのだから。

 でも去年のトリノオリンピックの時に荒川静香選手が金メダルを獲得した時もそうであったが、荒川選手自身が本当に自分をコントロールして、見事な演技をして優勝したが、他の優勝候補のコーエン選手とスルツカヤ選手が転倒せず、本来の演技をしていたら荒川選手の優勝は無かったはずである。今回も浅田選手がショートで失敗していなかったら、浅田選手が優勝していたと思う。
 だから、私はこの競技は、というよりもスポーツはどれもそうだと思うが、人と較べてどうこう思うのは本来の姿ではないと思うのである。金メダルとか相手に勝つとかという事にこだわると相手の不幸とか失敗を喜ぶ事になってしまうからだ。
 試合で相手に勝つとか順位などはあくまで結果であり、大事なのは自分に勝って、自分としての最高の演技、パフォーマンスが出来るという事であり、その事こそが価値があるのである。
 要するに人と競って、その相手より勝る事に価値があるのではなく、自分の努力と忍耐により過去の自分より、どれだけ現在の自分が生長出来たかという事が問題であると思う。例え、相手より成績は良くなくて破れたとしても、過去の自分よりこれだけ進歩して、力を発揮する事が出来たという事が価値があるのである。

堀 浩二

Seeing the world competition of figure skating

A free style competition of woman of the world competition of figure skating was held in a Tokyo at 24th this month. Ms.Miki Ando won at the competition. At short program in 23th Ms.Yona Kim ,Korean was top rank,Ms, Ando was second rank. Ms. Mao Asada was 5th rank because she failed in jumping. The difference of point between Ms.Yona and Ms.Ando was more than 10 points.

Next day, there seemed to be a some strange atmosphere in the rink. So almost skater fell down when they finish a jump. Then last 6 competetor began to skate, and Ms.Kim also fell down two times.
When Ms.Kim finished her skating, her score was still top rank among all skater who finished their skating. But, next skater, Ms.asada overcame Ms.Kim by her excellent skating which was almost perfect. As Ms.Asada was able to do excellent performance at the big event, she expressed her enoumous joyfulness with crying when she finished her performance.
And she seemed to be almost convinced of her victory of the competition when she was received a interview of a anouncer of TV. Even though Ms.Ando didn't skate yet. Almost people including Ms.Asasa thought that Ms.Asada might win at this competition.
But, Ms. Ando chose 3spin jump instead of 4spin jump which is a secret weapon of hers to get point surely. She showed a excellent perfomance. Her motion was very sharp compared hers in Trino orimpic. So she overcame Ms.Asada. Her score was sperior to Ms.Asada by only 0.64 points. Ms.Ando said that she suffered from several troubles this year and that nontheless she was able to win this competition thanks to helping of family and to teaching of coach as she cried with a joyfulness.

Thanks to Ms.Ando and Ms.Asada, Japan was able to get not only gold medal but also silver medal. Its a pleasant thing to Japanese people.
Ms.Asada said she was happy when she was asked what does she think about getting a silver medal by an TV announcer. But I suppose that she may feel so sorry. Because she was robbed a gold medal by Ms.Ando who skated later than her,though she was able to overcome Ms,Kim who lead her by more than 10 point, by doing excellent performabnce.

 When Ms.Shizuka Arakawa got a gold medal in Trino orimpic, she controlled herself very well.In the consequence, she won the competition. But, if the other skaters Ms.Slutskaya,Ms.Cohen who were reckoned to get a gold medal didn't mistake, Ms.Arakawa may not win. In the world figure skating competition in this year, if Ms.Asada didn't mistake at short program, she may win the competition.
So you should not mind the result of a competition by comparing yourself with other person. If you insist on getting a gold medal, you would become a person who desire a other's fault.
Being able to get a gold medal is only a consequence of your effort. Most important thing is growth of yourself compared with past yourself by your effort and patience.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-03-26 10:24 | スポーツ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5032401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Hospital San.. at 2007-07-13 15:48
タイトル : University_for_Development_S..
Youth Action International Steroidogenic pathway Women's World Golf Rankings Daily recommended intake Fedor von Bock Nick Walters Taney, Roger Brooke Sir George Gipps String search algorithms Hospital San Juan de Dios ... more
Tracked from Ampè, AndrÃ.. at 2007-07-20 10:12
タイトル : Ringgold_(TX)
Crotalus atrox tortugensis Type 81 rifle Chu Ko Nu Healey, Northumberland Nest parasite Tuva or Bust Rhode Island Red Chicken If Wishes Were Horses Chevrolet Volt Ampè, André-Marie ... more
<< 問題が教えてくれるもの 生長とは >>