問題はナイ(2)

 以前、私の周囲には問題が山積していて、どうにもならない状態にあった事があった。
 それを解決するには私の周囲の人がきちんと動いてくれなくてはならないのだが、私の眼から見て、どうも問題のある人が多く、どうしたら良いかと思案していたのである。それでそれらの問題を解決する為、又は事態を良くする為に色々画策して、行動する事もあったが、どうも根本的な解決には中々ならなかった。

 あの人間も駄目だ、この人間も問題がある、どうにかしなくてはならない、いっそその相手に鉄槌を加えてやろうか、又は自分が直接、事態解決の為に実力行使しようかとあれこれ思っていた。そんな時、ふっと気が付いたのである。「そうだ。問題は無かった。問題人物は居なかった。」と。

生長の家ではこの現象界は本来存在せず、それは唯、自分の心の影に過ぎないと教えている。従って自分の周囲に見える現象の問題とか問題人物というのは具体的な存在ではなく、全て唯、自分一人の心がそこに映っているだけなのである。そして、その現象の奥には宇宙の始めから完全円満の世界と相手が存在しているのであり、それは自分がこれから良くしようとしなくても既に今、そのままで完全円満で何も問題が無いのである。
 私はその生長の家の根本真理をその時にありありと思い出した。「そうだ。あれもこれも問題だ。困った事だ。それはあの人がちゃんとやらないから、この人の性格に問題があるからだと何となく思っていたのは全て勝手に自分が心で想像して、その映像をそこに投影していたに過ぎない。私の周囲には問題など何もなく、問題人物など一人も存在せず、今、そのままで全ての人が完全円満であり、調和し、それぞれの使命を自覚し、きちんと仕事をして、皆、豊かに幸せに暮らしているのであった。その実相を私一人が拝めば良いだけであった。」と正にありありと実感する事が出来たのである。
 そうしたらその瞬間から問題など何も無かったという事が実際に実感され、周囲の人達にこんないい点があった、こんな長所があった、それを自分が見ていなかった、気が付いていなかっただけであったと気が付き、全ての問題が自動的にどんどん好転して行ったのである。

 自分の周囲に何か問題人物とか問題事項が見えていてもそれを一つ一つ良くしようと焦って、行動する必要は全然無いのである。
 それは単に実相を観る自分の眼が曇っているだけであり、相手や周囲の全ての実相は今、そのままで既に完全円満、無限供給であるのである。従って、相手を良くしようとしたり、問題を一つ一つ自力で解決しようとするのではなく、その既に完全円満な全ての人の実相と既に問題は全て解決済みのものごとの実相を拝めば良いのである。

堀 浩二
 
There is no problem.

There were a lot of problem around me in previous days. To solve these problem, it was necessary for persons who were around me to work very well. But from my view point, most of them had a problem in their personality. So I lost my way. And I tried something to solve problems. But I failed.

I thought that any person around me is not good and that any person has a fault and that I had to do something to solve problems. So I was about to blame a person who has a problem or to do a job which other person charge by myself.
But at that moment, I realized that there is no problem and that there is no person who has a problem in real world which exists behind phenomeon.

Seicho-no-ie teachs that there is no phenomenon and that phenomenons are only a reflection of your mind. Therefore persons who have a faults do not exist and problems do not exist around you. Those are only your reflections. And there are a perfect world and perfect persons behind phenomenons from the very beginning of cosmos. Those are already perfect existences which you do not have a necessity to make better. So those do not have any problem as it is.

I remembered the fandamental truth of Seicho-no-ie at that time. I realized trully that persons who have some problem were only a reflection of mine, and that it was OK as long as I would see the perfect truth of life of all persons behind phenomenons. All persons around me are already perfect and live in accordance and are aware of each mission and do each work very well and are living happily in real world behind phenomenons.

So from the moment I really felt that there was no problem. And I was able to find a good point of each person around me. I realized that I only didn't notice their good points. So all problems solved automatically.

You do not have to try to make your problems better even if you could see a problem around you.
If your view would not be clear, a world around you is not clear. That's why there are a lot of problems around you. True image of all persons and all existence are already perfect as it is. Therefore you should not try to make them better and to solve problems from scratch, you only see a true image which is already perfect behind phenomenon with your mind eye.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-04-05 10:50 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5095521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家の運動について 真の信仰とは(3) >>