糟糠の妻(2)

 糟糠の妻の事は以前にも書いた事がある。(2005年12月16日)
 それにはこう書いた。
 
 〉糟糠の妻(そうこうのつま)という言葉があり、その意味は広辞苑には「[後漢書宋弘伝] 貧乏な時から連れ添って苦労を共にしてきた妻。「―は堂より下さず」(糟糠の妻は夫の立身出世の後にも家から追い出してはならない)」とある。
 このように中国の後漢書には「夫がまだ若くて社会的に芽が出ないで苦労している時に共に苦労してくれた妻は本当の魂の半身であって、それを夫が出世して、経済的にも恵まれて来てもその妻の有り難さに感謝して一生大事にして添い遂げよ」という教えが書いてある。
 

 生長の家では結婚というのは元々一つの魂が地上に生まれてくる時、男と女に別れ、その半身同士が地上で再び巡り会って、結ばれるものであると説いている。

 私はここで今まで何度も夫婦愛の事を書いて来たが、それをどう受け取るかは人様々である。そんなのは現実にはあり得ない、何をきれい事を言っているのかという人も居る。でも、人間は物質ではなく、完全円満の神の子であり、結婚というものがその完全円満の神の生命である我々の本体が最高の愛を地上で表現する為に地上に男と女の半身で別れて生まれてきて、再び巡り会って、為されるものであるというのが真理である。

 我々は自分のつれあい以外の異性の友人との付き合いをする機会もある。そうした付き合いは楽しいだろうし、そうした相手の中には魅力のある人もいるだろう。
 ところで人間は今、そのままで尊い完全円満の神の生命であり、我々が地上に生きているのはその神の生命の素晴らしさを表現する為である。従って、表面的にどの様な状況にあろうともその人はその神の生命を表現する為に常に修行しているのであり、懸命に生きているのである。だから、どの人も皆、尊い。しかし、我々はその過程の中で表面的には調子が良い時も悪い時もある。そして、本当の自分の半身即ち自分の夫や妻になる人は魂の結びつきが根底にあるのであるから、良い時も悪い時も支えてくれる。愛してくれる。しかし、その他の人は良い時は寄って来るが、悪い時は自分を捨てて行くのである。
 
 特に男は若い時は修業時代であり、芽が出ない、うだつが上がらないという事が一般的であろう。しかし、経験を重ね、男として花が咲いて来ると、経済的にも人間的にも豊かになったりして、そうすると妻以外の魅惑的な女が寄ってきたりする。そして、自分の妻に目をやれば、そんな魅惑的な女に比べれば、年老いているのである。
 そこで古くから自分がまだうだつが上がらない時代に共に泣き、支えてくれた糟糠の妻を捨てる、又は裏切る大馬鹿者が居るが、そんな人は世の中で一番大事なものを自ら捨てているのである。

堀 浩二

Plain wife

I have written about plain wife "Soukou-no-tsuma"in Japanese. I have written about that there is a phrase "soukou-no-tsuma". That meaning is written in a dictionary "Koujien". The Koujien says that you should not abondon your "Soukou-no-tsuma". It means that a wife whom you married when you were young, who cried with you when you were in hardship, and who went through a hardship with you is your real marriage pertner. So even if you would be able to succeed, and to become rich, you should continue to thank the wife and not abandon her.

 Seicho-no-ie teachs that your soul are devided to men body and women body separately when you are born to earth. And when you grow up, men and women meet again. And you marry to realize most sumpreme love. That's a pourpose of marriage.

I wrote about a love of parents repeatedly here, but as for how people think of my statement, it depends on each person. Someone said that my idea is too idealistic and that such a thing does not occur in reality.
But, human is not only matter but spiritural perfect son of God. And marriage is that man and woman to which are devided from one life of the perfect son of God when they were born meet again after growing and that they were bound each other.

You may have a experience that you keep company with the opposite sex friend sometimes. Such a contact would be nice. And among such opposite sex friends, maybe some attractive person would be.

By the way,real life of humankind is a respectful perfect life of God as it is. The pourpose of your life is expressing of a wonderfulness of the perfect life. Therefore even if your surface would not be in good condition, you continue to train yourself to express your real wonderful life, and you live hard. So every humankind is respectful. But your surface condition become not to be good sometimes. Your real marriage pertner help and support you in any time because you are bounded each other at your soul. But others would leave you when you were in bad conditions.

Especially, as for man, you are in term of training time when you are a young. At that time, you cann't perform your strength fully. But after you undergo a lot of experiences, you become rich in your charactor and economy. So maybe attractive woman besides your wife approachs you. At that time ,if you look at your wife, your wife look older than such a young attractive woman.
So some idiot abondon his wife who cried together when the guy underwent a hardship. But such a guy abondon most important treasure for himself.

Kohji Hori



 
by koujihori | 2007-04-12 10:03 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5141487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神様がお出ましになるということ 生長の家の運動について >>