英語は絶対、勉強するな

 「英語は絶対、勉強するな。」という面白いタイトルの本がサンマーク出版から出ている。著者は鄭 讃容(チョン・チャン・ヨン)という韓国人である。私は英語を毎日勉強しているので最初、この本のタイトルを見た時、何が書いてあるのかと興味津々であった。
 そうしたら概略、この様な事が書いてあった。それは「今までの様な英語の勉強をしていたら、絶対に英語力が上がる事は無い。今までの単語とか文法を勉強するという様なやり方を捨てて、英会話のテープをどんどん聴き、それを書き取る練習をせよ。そして、分からない単語は英和辞書で引くのではなく、英英辞書で引いて憶えろ。」というものである。
  
 私はこの著者の言いたい事は「習うより慣れろ」という事であると解釈する。外国語もそれを勉強しようとするよりそれを実際に使って何かをするという方がぐんぐん出来る様になるのである。私の友人もそう言っていたし、評論家の竹村健一氏も同じ事を言っていた。
 それは何かを勉強しようという意識は自分はまだそれが出来ないという意識であり、そう思っている以上はいくら、それに努力した所で自分はまだ出来ないという意識に縛られて自己の中の神から与えられた無限力を本当に引き出す事にはならないのである。それに対し、その語学、例えば英語なら英語で実際、外国で生活するとか、アメリカの大学で英語でどんどん授業を受けるとかしてそれを実際に使っていけば、自分はまだ出来ないなんて事を思う余裕は無くなり、自ずとどんどんその英語を使って行くからぐんぐん出来る様になるのである。それは取りも直さず、自分は英語は既に出来ると思う心である。そう思えばこそ英語力はどんどん上がって行くのである。

 生長の家でも同じ事が言える。何か病気とかその他の人生上の苦難から生長の家の門を叩く人は多い。それで生長の家の先生から、祈りなさい、感謝しなさい、先祖供養しなさいと言われるがそれですぐ良くなる事もあるが、そうならない人もいる。
 それで一所懸命生長の家の本を繰り返し読み、練成会を受け、行もやったりするがやればやるほどどつぼにはまり、どうにもならないなんて事になるのである。それは病気その他の問題を生長の家で治そう、良くしようとして心でつかんでいるからである。この世は「唯心所現」という思ったら思った通りになるという法則が働くから病気を良くしようと心でそれをつかむと良くしようとするつもりがますます悪くなるのである。
 そんな時、自分の病気の事を忘れて、そんなものはどうでもいいからただひたすら他の人の幸福の為のお役に立たせて頂こうと一所懸命、生長の家の組織活動にいそしむとある日、気が付いて見たら、自分をあれほど悩ませていた病気が消えていたなんて事があるのである。
 生長の家とは人間神の子、無限力、無限健康、完全円満の教えであるが、それを自分の病気を治す為の手段として、信仰して行こう、勉強しようとしても永遠にその生長の家の神髄は分からないのである。分かろう、治ろうという心を捨て、どんどん神様の心を生きる、即ち自分よりも他の人に幸せになってもらいたいという菩薩の心になって、生長の家の愛行をやって行く所に人間神の子無限力の生長の家の神髄を体感、体得する事が出来るのである。

堀 浩二

Never study English.

Some book which has a interesting title "Never study English" is published by Sunmark publisher. The author of the book is a Korean named 鄭 讃容. As I study English everyday,I was interested in the title of the book when I saw the title of the book. The outline of the book is that if you continue a old style way of studying of English such as you only memorize English words or you only study Englsih grammar,you never become to be good at English, to become good English speaker you should abondon such a old style way, and you should hear a English conversation tape and do a practice of writing down the contents on a paper and reserch a English word which you don't know not with English to Japanese dictionary but with English to English dictionary.

I comprehend the idea of the author as you should not study something but be accostomed to something when you learn something. When you try to master some foreighn language, you can become to be good at that not by tring to study the foreighn language but using the language at real life, for example living in the foreighn country or studying some subject by the foreighn language. My friend said like that, Mr.Kenichi Takemura,a critic said that too.

The idea of trying to study something is that you are not yet good at that,therefore if you have a such a idea,you would be bound with the idea that you are not good at that yet. So you cann't exercize your infinitive ability which is given by God in your inside even if you struggle to bring out your ability. To the contrary,if you live in a foreign country where English is spoken,for example USA or study some subject with English in a university in USA, you could become to be good at English in short time. Because you don't have a time to think that you are not good at English, and you would be forced to use English everyday.

 Seicho-no-ie has the same situaition as the mastering of English conversation has. You visit a training centor of Seicho-no-ie when you would have some trouble which you cann't solve by yourself,for example grave disease and so on. So you would be taught to pray or thank or hold a memorial service for your ancestor by a teacher of Seicho-no-ie. By the teaching,you may be able to solve your problem soon. But you may not be able to solve your problem soon.

So, to solve your problem,you attempt to read a lod of book of Seicho-no-ie more and more, do religious austerities of Seicho-no-ie repeatedly. But more you are going to do these things, more you become worse. Because you are going to become better by trainings of Seicho-no-ie. You grab your problem by your mind when you are going to solve your problem with Seicho-no-ie. There is a law of mind which is that what you imagine appear, in this universe. So if you are going to cure your disease or solve your problem with Seicho-no-ie, your matters would become worse. Because to be going to solve with Seicho-no-ie is to grab your matters with your mind.
But if you would abondon your mind to solve your matters with Seicho-no-ie and only devote yourself to other's happiness and practice an activity of a organization of Seicho-no-ie, your problem would disappear.

Seicho-no-ie teachs that human is a son of God who has an infinitive power, infinitive health and an perfect life, but if you are going to comprehend the doctrine of Seicho-no-ie or to be enlighten to solve your problem with the doctrine of Seicho-no-ie, you couldn't understand the essence of Seicho-no-ie for ever.

You should abondon the idea to be going to understand the truth of Seicho-no-ie and to be cured with Seicho-no-ie. And you should practice the mind of God to hope other's happiness more than yours and while you devote yourself to others only to make others happy with such a mind, your problem for example disease and so on would disappear.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-04-24 09:28 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5238915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 心のレンズの歪み 実相の顕れ方は人様々である。 >>