真実の存在

 生長の家の聖経「甘露の法雨」には「すべて眞實の實在は、神と神より出でたる物のみなり」と書かれている。
 
 我々は何かの問題を抱え、そして生長の家に触れ、人間は本来完全円満であり、それを潜在意識に染み込ませれば、心の展開である現象にその完全円満さが出て来て、病気他、あらゆる人生上の問題が解決されるという事を学ぶ。
 それで、一所懸命、生長の家をやり、心を清め、行いを正しくして行く事により、その問題を何とか解決しようとする。それで治る場合もある。しかし、それで終わったら、信仰とか真理というものは単なる病気治しの道具の一つとしかその本人には認識されないであろう。それでは本当にその人の魂が救われた事にはならない。
 
 人生上の問題というのは単にその人を苦しめる為に現れたのではなくて、その人に真理を悟らしめ、正しい生き方をする様に神様が与えた一種のおもちゃに過ぎない。
 仏教の寓話にこんな例え話がある。ある家で遊んでいる幼児がいた。ところが、その家は火事になって今にも燃え落ちようとしていたのである。それを外側から人々が幼児に早く、その家から逃げて出て来いと盛んに呼びかけていたのであるが、幼児にはその真意が伝わらず、相変わらず、遊びに熱中して、正にその幼児の生命に危機が訪れようとしていた。その時にある賢い人がその幼児が大好きなあるおもちゃを外側から幼児に示して、「ここにお前の好きなおもちゃがあるよ。さあ、出て来なさい。」と言って、その幼児を燃えている家からおびき寄せて、その幼児の生命を救ったという事である。
 これはその幼児は言うまでもなく我々一人一人の事であり、今まさに燃え落ちようとしている家とは我々の迷った魂の事であり、そのおもちゃとは迷いから悟りに導くきっかけとなる我々の人生上の重大問題の事である。この話の様に我々の人生の目的は既に完全円満な自己の生命の実相を自覚して、それを実生活化するという事であり、人生上の問題というのはそうした悟りに導く為の神から示されたおもちゃなのである。

 従って、我々は現象を良くする事が人生の目的ではない。現象は今、このままでナイ、存在しないという事、そして、本当に存在するのは現象が如何なる状態であっても、その奥に宇宙の始めから完全円満の大宇宙のみが存在し、我々一人一人はその完全円満の神により生かされたやはり今そのままで完全円満の生命であったという事を悟る事が人生の目的である。
 信仰によって、徐々に良くなって行く現象はナイ。段々清まって行く潜在意識もナイ。今、このままで完全円満の神の生命しか無い。そして、それが御自分で出て来る事しか無い。何故なら我々の完全円満の生命は無限生長であるから、じっとしておらず、自ずと動き、現象界に見える形でその表現を無限にレベルを高めながら徐々に行っていくものであるからである。それが我々の無限生長である。
 その課程では現象的に悪くなる事もある。だから、信仰で現象を良くしようなんて思ってはならないのである。

堀 浩二

True existence

In a sutra of Seicho-no-ie,named "Kanro-no-houu",it is written that God and appearing of God are only existences.

When you get in some trouble, you would go to Seicho-no-ie, at that you learn that humankind is son of God and that if you could memorize the truth on your subconciousness, your trouble, for example some disease would be cured because all phenomenon around you are only reflection of your mind.
So you are going to solve your problem with studying Seicho-no-ie hard and clearing your mind and doing good thing. By such a efforts, you may solve your problem , but if you leave Seicho-no-ie as soon as you could solve your problem, you would become to think that Seicho-no-ie is only a means to cure disease. And your soul couldn't be saved trully.

A problem of your life appears not to give you a pain but to enlighten you and but to indicate you to live in a right way. The problem is only a toy which is used to indicate you to right way.
There is a stoty in Buddism. The story says that therre was a child who was playing in some house which was burning. People surrounding the house was shouting loudly to invite the child from the burning house. But the child couldn't understand the meaning of what people said. At that time,some wise guy said that here was the child's favorite toy, with the way, the wise guy succeed in inviting the child from the burning house.
The child is a metaphor of each you, the burning house is a metaphor of your lost soul,and the toy is a metaphor of your grave troublesome of your life.
The purpose of life is for you to be enlightened of a truth that your true life is a perfect life of God, and to realize the wonderfulness of your life on your life. Your grave troublesome of your life is only a toy which introduce you to be enlighten of the truth.

Therefore, the poupose of your life is not to make a phenomenon around you become better but to be enlightened of that perfect union only exist from the beginning and that your life is also perfect life of God and that there is no phenomenon and that phenomenon is only refllection of your mind.
There is no phenomenon which become better gradually by your faith. There is no unconciousness which become clean gradually by your faith. There is only two things in this space, one is a perfect life of God as it is and another is the appearing of perfect life of God.
A life of God is infinite power, that is not static but dynamic automatically infinitively, so, that expresses its wonderfulness on a phenomenon gradually. That is your infinite growing.
In the process, a phenomenon around you become worse sometimes, so you should not make a phenomenon around you become better by your faith.

Kohji Hori
by koujihori | 2007-05-24 09:58 | 信仰 | Trackback(6) | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5471403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 愛媛県住宅情報詳細 at 2007-05-25 14:19
タイトル : 愛媛県住宅情報
愛媛県住宅情報情報に関するご紹介です。優良物件多数掲載!!... more
Tracked from パソコンでできる幼児学習.. at 2007-07-04 15:55
タイトル : 幼児学習ソフトを無料体験できます
パソコンで楽しむ幼児学習ソフト、"太陽くん"ははお子さまの自己学習を促し、楽しく遊びながら学習をすすめていくシステムです。... more
Tracked from Paxil. at 2010-08-17 17:02
タイトル : Paxil.
Paxil. Paxil settlement.... more
Tracked from Fashion acce.. at 2010-08-31 09:01
タイトル : Fashion accessories.
Dog accessories fashion. Lady com ultimate fashion and accessories.... more
Tracked from Coach design.. at 2010-08-31 16:54
タイトル : Coach designer shoes.
Discount designer shoes. Discount designer shoes in costa mesa ca. Coach designer shoes. Fake designer shoes. Designer handbag matching shoes.... more
Tracked from Britney spea.. at 2010-09-01 08:28
タイトル : Britney spears no underwear.
Britney spears underwear. Britney spears no underwear. Brittany spears underwear. Jockey underwear. Brittany spears no underwear. Britney spears without underwear. Men in underwear.... more
Commented by 三谷文人 at 2007-05-26 12:56 x
 問題を抱えて、生長の家に入ってくる。親に感謝することの大切さを学ぶ。そして、親に感謝出来て、問題が解決した。―― 私達の信仰はここで終わってしまってはいけないんですよね。

 母の胎内より生まれし、この肉体の自分が本来の自分ではない。私は親が存在するより以前から、ここに存在し続けている。その私こそが本来の自分の相(すがた)である。―― この自覚にまで突き進んで行くことに、人生の意味があるのですね。

 あらゆる人生上の問題は、この肉体が自分だと思う迷い(火宅)から抜け出させる為のおもちゃなのでしたら、そのおもちゃの奥にあるものを祝福したくなりますよね。
 私の人生も、有難いおもちゃを与え続けられて来ましたから。
Commented by koujihori at 2007-05-26 20:58
三谷さん

 いつも、コメント有り難うございます。三谷さんは本当に信仰が深いですね。洞察力の深さは素晴らしいと思います。
 困難の奥にある素晴らしい意味に感謝出来たら、人生無敵ですね。

<< 実相が出て来るということ 全託 >>