徹底するということ

 昔から「二兎を追う者は一兎をも得ず」とか「一芸に秀でた物は百芸に通ず」という言葉がある。生長の家創始者、谷口雅春先生も「本当に価値あるものは浅い所に埋めてあるのではなくて、深い所に埋めてある。だから、容易に才能を掘り当てる事が出来ないという事は逆にその才能が非常に価値あるもので深い所に埋めてあるという事である。」と仰っている。

 ところで私の趣味はテニスである。大学の時に体育の授業で選択してから、面白くなって始めた。その後、社会人になって、生長の家の青年会の運動も忙しくなって来たので、しばらくやっていなかったが、十年前からまた腰を入れてやりだした。
 私は大学の時に既にテニスに関しては人並み以上に出来る様になったと思い込んでいて、十年前に再開した時はもっぱら、色々なテニス大会に腕試しに出る様になった。しかし、である。これが殆ど勝てなかったのである。考えてみれば、大学時代はテニスクラブやテニススクールに所属していたわけではなく、本屋で売っているレッスン書を読んで自分だけで研究して、自分だけで練習して、それで、うまくなったと思いこんでいたのである。
 自分のテニスは人並み以上という自信というか思い上がりは試合経験を重ねる中で段々と崩れてきた。
 しかし、私はあきらめずに自分なりに研究したり、練習したりしてやって来た。そうする中、試合に出続け、テニスクラブやテニススクールでコーチや上手い人の指導を受ける中で徐々に私のテニスの腕前も上がって来た。それはテクニック的な事や戦術的な事以上にメンタル的なものが多かった。試合中は絶対に弱気になったら駄目であるとか、集中すべき事には集中しなければならないという様な事、そして何より、自分の潜在能力を如何に引き出すかという事に関しての私の考え方が構築されていった事が大きい。テニスに限らず、スポーツというのはとても良い人間形成の為の訓練になると思う。ものごとの考え方や精神というものがてきめんに試合に出るからである。

 私はテニスを徹底的にやる事で自分の信仰面での人間神の子無限力の引き出し方に多少の間違いがあるのを修正する事が出来た。これは非常に大きな事である。私がたかがスポーツだからと適当にうわべだけで済ましたり、何時まで経ってもうまくならないと言って、途中で放棄したら、とても深い真理は分からなかったと思う。

 私は生長の家も同じだと思う。やるなら徹底してやるべきである。生長の家は外側から眺めてああだこうだ言っているだけでは決して、その本質は分かりはしない。徹底してやる中で初めて、その奥にある本質をつかむ事が出来るのである。
 私は生長の家の運動とか生長の家総裁・副総裁の仰っている事が分からなくなる時は逆に徹底して生長の家をやる。そうすると後から分かるという事が殆どである。

堀 浩二
by koujihori | 2007-05-30 14:12 | 信仰 | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5514190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from テニスショップ-ラケット.. at 2007-05-31 16:27
タイトル : テニスショップ-ラケットランキング
私も初心者の時はラケットの選び方がわからなくて先輩に教えてもらいました。「目指すテニスのスタイルにもよるけど、あなたなら振り...... more
Tracked from Where can i .. at 2010-08-22 03:06
タイトル : Acomplia.
Acomplia.... more
Tracked from Cialis. at 2010-09-22 16:21
タイトル : Cod phentermine as well as c..
Side effects of cialis. Cialis.... more
Tracked from Difference i.. at 2010-09-23 05:36
タイトル : Percocet.
Buy percocet. Buy percocet online. Percocet. Order percocet online. How do i get off percocet.... more
Commented by 三谷文人 at 2007-05-31 22:01 x
 昔読んだ本の中に、私達の中には智の欲求が具わっていて、それは人生の根本的な願いの一つである、と書かれていました。
 智の欲求とは、即ち真理を知りたいという願いですね。人は智の欲求を満たすことを通して、偉大なるものに近づこうとする。智の欲求とは、言い換えれば進歩・向上の願いです。

 この願いが自己の内に高まる時、その内部衝動に駆られて、スポーツであれ、学問であれ、芸術であれ、信仰であれ、何であれ、その対象となるものに対して、徹底的に取り組みたくなるのだと思います。

 堀さんは、昔からこの願いがとても強い人ですね。真理を知ろうとする姿勢に、全く妥協しないところが、凄い人だと思います。
Commented by koujihori at 2007-05-31 22:13
三谷さん

 〉堀さんは、昔からこの願いがとても強い人ですね。真理を知ろうとする姿勢に、全く妥協しないところが、凄い人だと思います。

過分なお言葉、有り難うございます。釈迦に説法ですが、吾々は真理そのものだから、真理を求めるんだと思います。


Commented by 杉原素明 at 2007-06-02 01:38 x
副総裁先生のブログに環境問題のコメントを書いた杉原と申します。現在の生長の家の運動に批判的と受けたられたのは残念です。私はただ生長の家のある面深遠な教えを副総裁先生にもっと直接的に教示していただけないかと願っているまでです。雅春先生ご自身が「これを悟る者は少ない」と仰った真理を、思うように深めることができない焦りからかもしれませんが、そんな私には環境問題は少々迂遠な道に思えるのです。しかしよく勉強していくつもりですのでよろしくご指導ください。
Commented by 堀 浩二 at 2007-06-02 17:56 x
杉原様

 初めまして。突然のコメントにびっくりしました。どこで私の見解をご覧になったのかは想像がつきますが、ネットの世界は狭いものですね。

 杉原さんが今の生長の家の運動に批判的でないというなら私の誤解でした。申し訳ありませんでした。
 ただ、生長の家の真理を雅宣先生が説いていない事はないと思います。講習会の午前中は生長の家の真理の根本を説いておられますし、講習会参加者への質問にお答えする時間でも深遠な真理は説かれていると思います。
<< 今、悦んでよい 実相が出て来るということ >>