無我ということ(2)

 私は学生時代、「お前は取り越し苦労の仕方が異常だ。」と生長の家の仲間に言われた事がある。私はその時はそんなものかなと思っていたが、確かに心配性な所があり、大学受験の時も合格はしたものの、その手続きが一つでも間違ったら、入学取り消しになるのではないかと取り越し苦労して何度も手続きが完全にされたかという事を確認する様な所があった。

 生長の家の聖典「生命の実相」第7巻に「取り越し苦労するなかれ」という章があり、「取り越し苦労は百害あって一利なし」と書かれており、また「取り越し苦労すると頭がくさくさして面白くないから感覚的刺激でそれを慰めようとする」等々書かれており、ここに書かれた取り越し苦労する人の行動とか考え方がその時の自分に余りにも当てはまったので、それでまた心配して、自分は駄目になるのではないかと取り越し苦労する始末であった。
 そこには「何故、取り越し苦労するかというと宇宙が完全円満の神の知恵と秩序によって、完璧に運行しているという事を信じ切れずに心配するから」と書かれており、確かにその通りで自分はその典型だと思った。それではその完全円満の神により宇宙が運行されているという事を信じれば良いではないかと思うかもしれないが、それが中々出来なかったのである。

 しかし、そうこうしている内に私はその取り越し苦労の性分が高じて行き詰まり、とうとう不眠症になってしまった。11年前の事である。でも、それも今、考えれば私の中の神様の素晴らしさが出て来る為の初期行程であった。
 約1年間、その状態で苦しんだが、その後、私は神縁としか考えられない不思議な縁で生長の家の宇治の道場に導かれて、そこで偉大な榎本恵吾先生に巡り会う事が出来たのである。
 私は先生から直接薫陶を受けて、この宇宙(現象宇宙の奥の本当の宇宙)がそのままで完全円満の神により完全に運行しているという事を実感する事が出来、私の魂は救われて元気になる事が出来た。

 しかし、それはまだ観念的悟りの段階であって、実際の生活習慣とはなっていなかったのである。その観念的悟りを実生活化する訓練を宇治から帰って来た後、この十年間でしてきた。それは生活の中で自分に巡ってきた色々な課題をこなすことにより為された。
 これらの課題は神様が私の為に私の観念的悟りを実際化する訓練の為の丁度良い練習台を次々と与えてくれたとしか言いようが無い。その中で私は決して、その課題から逃げないで正面から受け止めて、取り組んできた。そして、実相の宇宙が完全円満の神により支配されたそのままで完全に運行をしているものであるという真理を体得して行ったのである。

 それが全託の生活化である。我々が何かをしようとする場合、仕事であるとかその他、地元のつきあいでもスポーツでも家の事でも何でも、それをきちんと間違いなくやろうとする。しかし、それが既に完全円満なる神様によって、完全に為されているという事を信頼し、全託する気持ちであれば、「自分がちゃんと完全にやらなくてはならない」という気持ちが消えて、神様に本当に全託する事が出来るのである。それが心の縛りを解くという事であり、捨身という事であり、思い切ってやるという事である。

 我々は神の子であり、神の子という事は神であり、神は宇宙に満ちる完全円満、無限力であるから、我々はこのままで完全円満、無限力である。誤解の無い様に言えば、それは現象ではない。現象はナイ。現象の奥の本当の生命が今、このままで完全円満、無限力なのである。それが出て来れば、今、すぐに全ての事が可能になる。全ての問題が雲散霧消する、それを妨げているのが、自分で自分を縛る心である。その自分で自分を縛る心とはそのままの自分、自分を生かしている大生命に全託出来ず、「私が、オレがちきんとやらなくてはならない」という心である。それが自性円満完全(そのままで完全円満)の自分の生命の働きを縛るのである。その「私が」「オレが」という心の縛りが我(が)である。

 私は前世から持ち越した生まれつきの業(ごう)として、この我(が)が強かったのである。それは私の無限力を縛るものであった。それを生長の家に触れて、解き放つ事が出来たのである。しかし、それは単純な生やさしい行程ではなかった。年数にしたら、40年以上もかかったのである。
 幼い時から生長の家に触れて、青年会で活動もし、それで挫折し、転落した所から、生長の家の神髄を授けられ、そして、それを自らの意志で日常生活において、訓練する事によって、体得していったのである。現在ももちろん、その訓練は毎日行われている。

堀 浩二
by koujihori | 2007-06-04 10:15 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5546688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from スピリチュアル整体フロー.. at 2007-06-04 18:43
タイトル : 不眠症は一回で治します
整体治療をベースにして全身をほぐした後、短時間のヒーリングで自己治癒力を誘発する特殊な施術です... more
Commented by yukiesakai at 2007-06-04 17:12 x
あせらず、騒がず、すでに円満完全。そうですね。

私は持ち越し苦労をしていました。幼い頃の不安定な生活習慣を引きずり、今は幸せな生活を営んでいるのに、不安になる。

主人には申し訳ない妻でした。でも主人も似た環境に育っていたので共に成長したのだと思います。

信仰は持久力ですね。
Commented by koujihori at 2007-06-04 23:24
幸江さん

 信仰は確かに持久力です。私も持久力が何より大事だと思ってやって来ました。でも、それを支えてくれるのも神様です。

 ところで幼い頃に生活習慣を引きずり時々、不安になるという事ですが、それもその内、神様が消して下さいます。そして自分の過去の全てが百点満点であって有り難かったと心から実感出来る日が必ず来るでしょう。
Commented by yukiesakai at 2007-06-05 08:23 x
今はないですよ♪まった~~く♪おかげさまです。
<< エボニーアンドアイボリー 無我ということ >>