悪魔は主の遣わしたる獄吏である。

 悪魔は主の遣わしたる獄吏である。というキリスト教の言葉がある。悪魔とか悪霊というものは具体的に存在しないのである。それは全て、自分の心の影である。現象なるものは現れているだけで全て、真実的には存在しない。皆、自分の心の影である。何も自分を脅かすものも悪人も悪霊も理不尽も無い。
 生長の家では心の法則というものを教えられ、思ったら思った通りになると教えられる。恐れるものは皆、来たるとも教えられる。だから、出来るだけ心を清めて、良きことのみを思いなさい。決して悪い事を思ったら駄目ですよと教えられる。しかし、そう思えば思うほど悪い事を思ってしまうのが人情というものである。そして、自分の念をコントロールしなければならないという苦しみの世界に入るのである。それを仏教用語で業障海という。
 だから、生長の家では実相独在の信仰も併せて教えられる。心で思ったら、思った通りになるから出来るだけプラス思考で行きましょうなんていうだけではその辺の自己啓発セミナーとレベル的には同じであり、生長の家の生長の家たる所以はない。生長の家の説く真理は現象はナイという事であり、恐れたら恐ろしいものが来ると言ってもそんなものは所詮、現象であり、本当の存在でないと説く所である。それが悟れた時、我々は業障海から開放される。

 ところでその通り、悪や悪魔など具体的存在ではなく、我らの「この世に悪あり」という心の影である。まだ、現象とか悪があると思って、実相独在を悟る前の心の状態であった時に悪を心に描き、悪人とか悪魔とかその他色々な不幸をこの世に映し出すのである。しかし、その事がまた我らの人生学校の試練となり、それが我々の魂を鍛えてくれるのである。だから「思ったら思った通りになる。恐れるものは皆、来る。」で良いのである。それにより作り出した自己の過酷な運命は自己生長の為に自ら、作り出した魂の練習台である。
 恐れるものは皆来るという運命も全て、我が内の神の出て来る姿である。自己の作り出した過酷な運命で自らの魂を鍛える事により実相顕現されるからである。だから、恐れずにそのままであれ。外形はどんなものであっても、一つも悪いものは存在しない。

堀 浩二
by koujihori | 2007-07-10 12:46 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5770852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ジェームス・スキナー成功.. at 2007-07-16 10:46
タイトル : ジェームス・スキナー成功の9ステップ特別価格
ジェームス・スキナー成功の9ステップ特別価格。私がジェームス・スキナー成功の9ステップに参加し激変した人生の変化をここで書きます。 ... more
Commented by 三谷文人 at 2007-07-11 08:27 x
 先日は、どうも有難うございました。

 悪の元締めである堕天使・ルシファーも、神に反逆するという汚名を自ら進んで被り、「サタン」という芸名を使って、人類に対して悪役を演じているのだと思います。その役割は、人々の心を試すことにあるのかも知れません。

 私達が、この世に神の愛を顕し出す為には、幾度となく試練を通さなければならない一面もありますね。
 過去において、悪役を演じてくれた人達や過酷に思えた運命は、その為の試練を与えてくれていたのですね。厳しい試みを受けて、それを克服し得た愛こそ、本物の愛なのだと思います。
Commented by koujihori at 2007-07-11 09:12
三谷さん

 こちらこそ有り難うございました。あの店のラーメンはヒット作でした。
 
 三谷さんはいつも吾が意を得たりというコメントをして下さいますね。僕はこの2ケ月の間、人を赦す訓練を神様に集中的に施してもらったと思います。それも私にひどい事を言ったり、やったりしてくれた人達のお陰だと思っています。
<< 駐車違反 そのままを受け入れる心 >>