結果は問題ではない。(2)

 私の恩師である榎本恵吾先生は講話でよく「皆さん!悦ぶ事が先ですよ!先祖供養を完璧に済ませてからとか、行をやってからとか、罪滅ぼしをしてから、この問題が片付いてからではないですよ!今、生かされている事を遠慮しないで今、悦ぶんですよ。その事が先ですよ!」と仰っていた。

 我々はともすれば、自分の問題、病気とかその他の不幸を生長の家をやる事で消そうとする。そして、色々これをやったら問題が消えるだろうと思う事を一所懸命やって、問題が解決したら悦ぼうと思っているが実はそれは逆なのである。

 我々が神の子で完全円満であるというのは将来の事ではなくて今の事なのである。それを先ず先に悦ぶ事が大事なのである。その悦びの中から「今起て!」の行動が出てくるのである。行動したら、神が出てきて、その結果、悦べるのではないのである。今、神であり、今、完全であるという事を遠慮無く無条件に悦ぶのである。そこから勇気とか、思い切って行動するとか、愛するとか、与えるとかあらゆる徳の生き方、即ち生長の家の生き方が出てくる。

 そうすると後から気がついてみると病気が消えてた、又は自分のコンプレックスが消えてた、その他、これが問題だ、これさえ消えれば自分は悦べると勝手に自己限定していた問題が跡形もなく消えているのである。

 問題を消してから悦ぶのではない。今、神の子として神に生かされている事を悦ぶ事が先である。

堀 浩二
by koujihori | 2007-07-24 22:28 | 信仰 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/5854735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukiesakai at 2007-07-25 09:33 x
悦びも表現されて輝きを放つ。この頃ブログの更新が出来なくて…。の素直な悦びを感じたら、その時とらえないともう次に移るんです。勿体無いですよね。その時の喜び、その時の感謝を掘先生のように素晴らしく表現していきたいです。まだまだ修行が足りません。あ、悦ぶ孤とが先でした。
Commented by koujihori at 2007-07-25 12:21
幸江さん

 いつも有り難うございます。悦ぶ事が先って言うのは実相独在の悟りの事です。物質はナイ、ありとあらゆる現象はナイ、だから問題も病気も今、即ナイ、今このままで即、完全円満の生命を頂いて、生かされて有り難いというのが生長の家の根本真理ですね。それを素直に悦んだらいいんですよ。そこから、与えるとか今、立つとか勇気を出すとか生命の実相生活編に書かれたあらゆる徳のある生き方が自ずと出て来ます。現象が良くなるのはあくまでその結果ですね。
Commented by 三谷文人 at 2007-07-25 22:56 x
 放蕩息子の寓話で、父(神)が息子を歓待し、祝宴を設けたのは、息子が立派になって還って来たからでも、問題を解決して凱旋帰国したからでもなかったのでした。

 遠国にて一生懸命行を積んで、立派になってからでなくては、父の家(神の国)に還れないと、以前の私は漠然と思っていたものでした。
 親に感謝できてから、もっと愛行やってから、心を浄めてからなどと、遠国にて「善」をうず高く積み上げるばかりで、いつまで経っても父の家に還ろうとしない。いや、いつかは還れると信じているのだが、今はまだその時でないと、何故か思い込んでいたのです。
 しかし、いつまでも遠国を彷徨い続けて、行に明け暮れる必要はなかったのですね。

 今!父の家に還ってよいのだ。今!父からの贈り物を遠慮せずに受け取ってよいのだ。自分の還りを待ち続けている父を悲しませたくないのなら、父を喜ばせたいのなら、例え問題を抱えていても、そんなものは捨てて、今!父の家に還りましょう。

 そうした信仰に目覚めて、私も今、悦べるようになりましたよ。
 
  
Commented by koujihori at 2007-07-26 11:41
三谷さん

 そう言って頂けると私も本当に嬉しいです。でも三谷さんがそうした素晴らしい悟りに到達出来たのも今までのご経験があったからですよね。
Commented by しじみ at 2007-07-26 14:53 x
私も今、悦べるようになりたい。悦ぶことが一番なのですよね。
わかっているけれど、、今の自分や、夫様のことを思うと、、、
堀先生のブログを拝見すると、いつも、何が一番大切かわかります。
本当にありがとうございます。
Commented by koujihori at 2007-07-26 15:09
しじみ様

 初めてのコメント有り難うございます。また、暖かいお言葉本当に有り難うございます。我々の人生はご存知の様に人生学校ですね。それは必ず我々の中の神性が出て来るという事です。必ず無条件の悦びは出て来ます。現在の歩みはその為の基礎工事です。
Commented by しじみ at 2007-07-26 15:47 x
実は、、、、
2回目です。(^◇^;)
出来ましたら、私のブログに堀先生のブログをリンクさせていただけますか?
私のブログを読んで下さっている方に紹介したいのですが。
Commented by koujihori at 2007-07-26 17:51
しじみ様

 大変失礼致しました。しじみ様は勿論存じ上げていたのですが。
ところでリンク宜しくお願い致します。有り難うございます。
Commented by しじみ at 2007-07-26 18:53 x
堀先生
ありがとうございます。
早速リンクさせていただきました。
感謝合掌
Commented by erica at 2007-07-26 19:09 x
三谷さんのコメントを読んで自分の経験を思い出しました。
10年前、日本へ出稼ぎで来て4年間一生懸命働いて、金を貯めようとしていました。それはそれで良いけど、問題はお金がいっぱい貯まってから帰国し、喜ぼうと思っていたところでした。ところで、4年目になって、ある事件で貯まったお金が全てなくなりました。若いからやり直せるとは分かっていたが、「あぁ、後4年も喜ぶことが延期された」と苦しい思いでいっぱいでした。

ですが、却ってその事件が悟りのもとでした。
生長の家の活動を離れたことはないが、あと少しで握れるはずの幸せに逃げられたことにより、当時、心から真理を求めるようになりました。そこで、幸せは4年後に来ることではない、私は神に生命を頂いただけで十分に喜びを感じることができるのだ、ということがわかりました。
それ以来、何があっても、私は幸せな人である自信は失いません。幸せ自信があるからこそ、毎日を喜ぶことができます。
感謝ばかりです。
Commented by koujihori at 2007-07-26 22:04
ericaさん

 素晴らしいですね。そういう尊い人生学校の学びがあるからこそ、今のericaさんの尊い悦びの悟りがあるんですね。
<< 中心帰一 実相を観るということ >>