迷いは悟りの基礎工事である。

 煩悩即菩提という言葉がある。煩悩即ち迷いがそのまま菩提即ち悟りに通ずる道であるというのである。

 我々は信仰していて「私は悟った!もう大丈夫だ!」なんて思っても、ふとした事から又、迷いの暗雲が立ちこめて来て、気持ちがふさがり、落ち込むなんて事がある。そして、自分はせっかく悟ったと思ったのにまた迷いが出て来てしまったなどと落ち込むのである。
 
 しかし、信仰とは極論すればそんな事の繰り返しである。だから、せっかく悟ったのに又迷いの淵に沈んでしまったなんて落ち込む必要はない。それは自分の潜在意識から過去のごもくたが表面に出て来たものに過ぎない。放っておけばその内消えるのである。
 我々の魂の生長とは現象ではなく、我々の実相の生命そのものが生長するのであるから、我々の生長というのは実在する確かな事であり、それが実質的に後退する事は無いのである。だから、自分はこれを悟ったというのは神という真実の実在に基づいた確かな生長であり、それが本当に無くなったり、後退する事は無い。しかし、現象は波の世界であるから、常にゆらゆらと一定に定まらないのである。だから、悟りの光がさす事もあれば、それが見えなくなる様に感じられる事もある。しかし、確実に我らの実相生命はただ生長し、そして、表現は進んでいるのである。
 
 迷いは実在ではない。自分を害する様な積極的存在ではないのである。それはより深い悟りが出て来る為の初期段階である。今まで以上の悟りが進展する為に一旦、迷いとか悩みが出て来るのである。そして、それを解決する形でより素晴らしい悟りと悦びが出て来るのである。実相顕現とはそういうものである。だから、迷いも苦痛も悩みも本当に悪いものではない、この世に一つも悪いものは存在しないのである。その事が谷口雅春先生御著書の「神真理を告げ給う」には「迷いは悟りの基礎工事である。」と示されている。

堀 浩二
by koujihori | 2007-09-07 13:02 | 信仰 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/6098017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三谷文人 at 2007-09-09 22:31 x
 先日の勉強会は、素晴らしかったです。有難う御座いました。

 )そして、自分はせっかく悟ったと思ったのに、また迷いが出て来てしまったなどと落ち込むのである。

 堀さんでもそんなことがあるのですか?私はずっとそんなことの繰り返しです。

 不意に霊的高揚感が込み上げて来ることがよくあるのですが、そんな時は、富が霊質的なものであることが悟れて、自分が今、豊かであることを実感でき、与える悦びに満たされるのです。
 しかし、霊的高揚感が引いてしまうと、たちまち物質想念に冒されてしまい、減ることや失うことに心が引っ掛かってしまう。

 心が何かに引っ掛かった状態が沸いて来ると、摑まないで沸きっ放しの状態にしているのですが、それは時として中毒患者の禁断症状の様に辛いこともあります。

 しかし、そんな時も自己の生命は深化していたのですね。 

 
Commented by yukiesakai at 2007-09-09 23:24 x
ありがとうございます。私の為に書いて下さったのかしらと思ってしまいました。 今日、総本山に日帰りの研修会に行ってきました。 

夢をえがき育てる。 これを忘れていたんです。 ひとつのことを達成するとその喜びに浸る。 でもひとは生長する事がすきなんですね。 すぐ夢の続きをみるのです。 終わらない生命の旅。 幸せな旅。

掘先生の声は穏かそのものですね。 完璧な悟りの表現、厳しさの中に愛がにじみでていらっしゃる文章から想像していた声と違っていました。

やさしい穏かな声で素晴らしいお話をされていらっしゃるのですね。
Commented by koujihori at 2007-09-09 23:44
三谷さん

 こちらこそ有り難うございました。ラグビーは三谷さんの応援してる方が勝ったのでしょうか?飲み会はけっこう盛り上がりましたよ。

 ところで悟りとスランプの件ですが、僕がスランプっぽくなるのは次の更なる悦びと言うか悟りが出てくる時にそうなります。だから、スランプが長く続く事は無いです。自ずと悦びと悟りと共に立ち直ります。スランプになる時はやはり自分の考え方にどこか本当でない部分(殆ど我(が)です)が残っているからでそうなった事で逆にその本当でない事が自ずと分かり、それでこうであったんだ、そうだと分かって、次の悟りになります。僕のこのブログもまた文集の「悦びの記録」もその軌跡を綴ったものですよ。

 ところで心に何か引っかかった状態が続いていると掴まないで放っておくというのはいいですね。苦しいかもしれませんが、仰る通り、その奥では生命は深化してますよね。
Commented by koujihori at 2007-09-10 00:30
幸江さん

 〉ありがとうございます。私の為に書いて下さったのかしらと思ってしまいました。

 コメント有り難う御座いました。確かに幸江さんの事は頭にはありましたが自分自身も丁度そうなったので書きました。でもやはり幸江さんが今回の文章をかかせて下さったのだと思います。
 僕はそんな事(悟りとスランプ)の繰り返しです。でも、殆どというか全てが次の生長につながります。だから、このスランプをどうしようなんて思いません。神様にお任せしています。ですから数時間で立ち直るのだと思います。

 ところで夢っていうのはどういう夢でしょうか?榎本先生がよく仰ってましたが講習会とかの目標を達成した時の悦びとそのままの今、生かされている悦びというのは違うって仰ってました。
Commented by yukiesakai at 2007-09-10 09:40 x
 そのままの今を悦べる神の子さんに気付いていただきたい。 そのお手伝いをしたい。  そういう夢です。  

Commented by koujihori at 2007-09-10 12:14
幸江さん

 そうですか。素晴らしいですね。
<< 失敗を恐れない 国の防衛について >>