今、出来る(3)

 今まで何回かここで書かせて頂いたが、我々が無限力で完全円満であるのは何時の事かと言えば、今の事なのである。「いや、それは実相世界ではそうでもこの現象世界はまだまだ不完全でこれから信仰して、訓練して、その効果が潜在意識に刻まれて、それがまた肉体に反映されてからやっと我々の実相の完全円満さが出て来るんだよ。」と言うかも知れない。しかし、出て来るという事とそれがあるという事とは別の事である。我々の実相生命は誰が何と言おうとたった今、完全円満であり、無限力である。そして、現象はどのように我々が信仰し、それを行じ、訓練し、潜在意識を清めようとどこまで行っても不完全である。何故なら、現象の肉体や物質はどんなに美しくてもそれは有限であり、いつかは朽ち果てるものであるからである。
 
 生長の家では現象はナイと教えているのである。現象はナイのである。我々の内なる神の実相生命のみが存在し、それはたった今、ここに厳然と我々の本当の生命として息づいているのである。

 だから、我々は今、出来るのである。今、無限力であるのである。今、完全円満であるのである。今、無限健康であるのである。それを自覚して、どんどんその力を使って行けば、どんどん訓練となって、どんどん力が出て来るのである。今までいくら訓練したり、信仰しても力が出なかったり、病気が治らなかったのは今、完全円満であると思わずにこれから自分の信仰や訓練で出来る様になろう健康になろうとしていたからである。それは今、本当に自分に力があるという事を自覚していないから、本当にはその力を使えず、従って本当の訓練も出来ず、だから、何時まで経っても力が出ず、健康にもならなかったのである。

堀 浩二
by koujihori | 2007-09-11 12:31 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/6122447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家は自分の中にある。 失敗を恐れない >>