雑念

 私は今年になってから、何故か対人関係で不愉快な思いをする事が多かった。それは大抵、相手が私に対して無礼な物言いや行動をして来る事に端を発し、それに対して私がその場で怒りをぶつける事もあれば、我慢する事もある。しかし、双方とも後々それを思い出しては憤懣やるかたない思いに駆られるのである。
 どういう事が具体的にあったかはこのブログではいくつかは書いて来たから毎日読んで下さっている方はご記憶があると思う。

 私はその度に悪人はイナイ、それは自分の心の影であると思った。しかし、憤慨している時はその憎い相手が具体的に実在すると思って憤っているのであり、その相手にどう復讐してやろうかなんて何となく考えた事もある。

 しかし、この間のソフトボール大会後の宴会で、ある人物から無礼な物言いを受けた事件辺りからどうもこれは何かが私の中に起こって来ているという事が分かり出して来た。というのはその私が憤慨した相手の非難を他の人にぶちまけたい気持ちに駆られたのだが、その他の人というのは丁度半年くらい前に私がある事で憤慨した人でその非難を家で家内にしたりしていたからである。
 要するに私に非礼な事をして来る様な悪い無礼な人物というのは私の中で入れ替わり立ち替わりしているだけで実はそんな悪い人物、嫌な事件というのは存在せず、私の中で私が勝手に自分で撮影して編集して映写している映画に過ぎないのではないかと気づき始めたのである。要するに私の中にあった色々な迷い、恐怖心等々が表面に浮き出てきて、それが不愉快な事件、無礼な人物、そして、それを思い出しては憤懣やる方無い気持ちになる心となって、出て来たに過ぎないのではないかと悟ったのである。

 生長の家聖典「生命の実相」に書かれていたと記憶しているが、谷口雅春先生は「神想観(生長の家式瞑想)の時に色々と雑念が浮かび上がって来る事があるが、そんな事を気にする必要は無い。それは自分の潜在意識の底に溜まっていた迷いが浮かび上がって来ただけである。」と仰っている。

 同様に我々の普段の生活の時も今に集中しようと思っても、気がつくと考え事をしていたり、過去の不愉快な事を思い出して、憤慨したり、先の事を取り越し苦労したりする事がある。しかし、それらは雑念であり、過去の迷いの消える姿なのである。それをああまた自分は悪い事を思ってしまった、悪い運命の原因を作ってしまったと思って、何とか心を整えようと思ったり、自分はまた良くない心を起こしてしまった駄目な者であると嘆く必要は無いのである。
 そして色々と不愉快な事件が起こって来るのも不愉快な人間が出て来るのも自分の過去の迷いの消える姿であるから、即ち雑念の一種みたいなものであるから引っ掛かる必要は無いのである。我らは常に完全円満であり、無限健康、無限力の神の子であるのであり、それらの不愉快な事件、不愉快な心はその自分の完全円満がより顕れる為に長年沈殿して来た過去の迷いが表面に出て来る事により自消自滅しているのに過ぎないのである。

堀 浩二
by koujihori | 2007-09-13 13:07 | 信仰 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/6136472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤寛子◆ヌード at 2007-09-13 19:13
タイトル : 佐藤寛子2年ぶりの写真集で初のヌードを披露!【秘蔵映像あり】
佐藤寛子2年ぶりの写真集で初のヌードを披露!その時の撮影の様子をスタッフに盗撮...... more
Tracked from パリス・ヒルトン●プライ.. at 2007-09-13 19:35
タイトル : ★セレブ★パリス・ヒルトンのプライベートSEX動画!!
パリス・ヒルトン★プライベートSEXビデオ!衝撃流出 パリス・ヒルトンのS●X...... more
Commented by erica at 2007-09-17 11:46 x
「私は神の子、絶対円満完全。ところが、神の子の行動に見えないことを起こしたとしたならば、それは神の子である私が起こしたのではなく、迷いを重ねてきた業が起こしたのである。業は現れることで常に消えてきている、だから神の子として行動を取れなかった時も自分を責めない。業が消えてきているので、さらに本来の神の子の顕現が近づいてきているのである」 との素晴らしい御講話を、先週の菩薩練成会で教化部長に聞かせていただきました。堀先生が仰っていることと同じですね。

ちなみに、この間のあの夫婦も一緒に菩薩練成会に参加されました。大変喜ばれ、これからは与える信仰の道を歩みたいと仰っていました。
色々ありがとうございました。
Commented by koujihori at 2007-09-17 22:06
ericaさん

 ああ、そうですか。教化部長も同じ事を仰ってましたか。真理は一つですからね。この事は確か、キリストが仰ったと記憶しています。
 ところで自分の中にある業は出てくると消えるのでそれが出るのを無理に我慢しない方がいいですね。それで出たら、出たで「ああ、これで自分の悪業が消えた。」と思って、自分を責めないのが本当にいいですね。自分を責めたり、落ち込むとまた、新たな悪業を自分の中に繰り返すのですよね。

 あのご夫婦も練成会に熱心に参加されて良かったですね。とにかく、これを機会に真剣に信仰の道に入られる事を祝福致します。何かあったらまた声を掛けて下さい。
<< 国の防衛について(2) 生長の家は自分の中にある。 >>