国の防衛について(2)

 先日、国の防衛の事について書いた。現在、我が国には核兵器を持つべきかどうかという議論が出て来ている。その引き金は言うまでもなく隣国北朝鮮が核実験を断行した事による脅威である。

 当たり前に考えれば、北朝鮮の様な危険な国が核兵器なんて大量破壊兵器を持ったのだから、それに対抗する為には日本も是非、核兵器を持たなくてはならないと思うだろう。だから、私もどうしたら良いか毎日、私なりに考えていたのである。そんな時に谷口雅宣先生のブログで「日本はアメリカとの安保条約の下にあり、事実上核の傘の中にあるから、日本が独自で核兵器を持つ必要は無く、また、それでも核を持つという事はアメリカとの信頼関係にも影響が出るだろう。」という御文章を読み、なるほどそうだと思ったのである。

 また谷口清超先生もかなり前に「自己防衛本能的な必要最小限の通常兵器があれば、核兵器を持つ必要はない。」と書かれていたので、雅宣先生のお考えを知った時もああ、そういう事なんだと思った。
 でも、私としては一抹の不安がまだ残っていたのも事実である。しかし、最近は私はこう思う様になったのである。
 
 物事の真理というのは宇宙を覆っており、この真理は個人ベースでは適用出来るが国ベースでは適用出来ないなんて事は無いのである。個人なら悪い事はしてはならないが国は政治的に、かつ外交的になら悪い事をしていいなんて隔ては無い。他国を侵略すれば、必ずその国はそれ相応の報いを宇宙の法則から受けるのである。
 宇宙の真理は現象はナイという事である。従って、悪もナイのであり、本当に問題のある人物、迷っている人物、悪人というものはイナイ。それは皆、自分の心の影である。従って、相手を諭す事も、やっつける必要も無いのであり、よって国防もやたらと恐怖して、どんどん武備を増す必要は無くて、当たり前の免疫本能としての防衛力のみ持っておれば良い。従って、大量破壊兵器など持つ必要は無いのである。

堀 浩二
by koujihori | 2007-09-14 13:02 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/6143909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from キレイになろう! at 2007-09-25 19:37
タイトル : 美容・美容整形
美容・美容整形や健康のお役に立てる情報があります。... more
<< 実相が出て来るということ(3) 雑念 >>