実相が顕現する時

 生長の家では人間の本当の姿即ち実相は神の子であり、この現象の奥には完全円満な実相世界が拡がっており、実相人間はその実相世界に住んでおり、実相人間及び実相世界は完全円満なもので、永遠に滅びないものであると教えている。

 そして、この現象世界はその霊的実相人間及び実相世界を表現する為の世界であり、その為には我々人間は心を清めて、その自己の実相の完全円満さを見つめ、そしてそれを現し出す為の訓練及び修行をしなければならないと説く。

 それで生長の家の人は毎日、神想観をやり、聖経を読み、愛行をして、自己の実相を顕現させようとする。そして、祈りが聞かれ、お陰が出た時は悦んだり、また求道生活の中で「自分は悟った。」と悦んだりする。しかし、それもまた次の瞬間、迷いが出て来たりして、そうすると「これは過去の恐怖心や迷いの自壊作用だ。」とか自分で思って、この自壊作用が無くなるまで我慢しようとか思うのである。そして、生長の家の人は何時しか自分の悩みや問題や肉体に出ている過去の迷いの自壊作用というものが完全に消えて、「これでやっと自分の実相顕現が成った。」と悦べる日が何時か来るだろうと思って、その日を目指して一所懸命信仰するのである。
 しかし、これで完全に実相顕現が成就して、自分は何の悩みも無くなったなんて時は永遠に来ないのである。

 迷いの自壊作用とか段々良くなる肉体や現象というものはナイのである。それは現象としては現れているかも知れないが実相から見て、今そのままでナイのである。だから、そんなものに引っ掛かってはならないのである。今、ここ完全円満の吾れしかナイのである。それは既に今、このままで完成しているのである。もう既に成就しているのである。だから、悦ぶべし。今、悦ぶべし。そして、その完成と成就は更に完成し、更に成就するのである。それが無限生長という事であり、我々の人生であり、今、ここ天国浄土であるという事である。

堀 浩二
by koujihori | 2007-09-19 13:07 | 信仰 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/6180307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 相田翔子 映画で物凄いセ.. at 2007-09-21 20:27
タイトル : 相田翔子映涙でいっぱいになったペットボトルで見せたエロ動画
相田翔子さんが主演をする映画「涙でいっぱいになったペットボトル」が9月末より公開...... more
Tracked from 可愛いAV娘にはコスプレ.. at 2007-09-21 20:28
タイトル : 可愛いAV娘にはコスプレさせろ
可愛くてロリなAV女優はコスプレしなければダメという法律は必要... more
<< 生長の家とは何か(6) 実相が出て来るということ(3) >>