日常生活は信仰を鍛える道場であり、学校である。

 私は十年前に当時、生長の家の宇治別格本山にいらした榎本恵吾先生に薫陶を受け、自分の中に神の国があり、全ての人類はそのままで救われている神であるという事を悟る事が出来たのである。

 そして、宇治から帰って来て、会社に復帰し、生長の家の活動にも復帰し、又、地元のソフトボールや野球の活動やその他、趣味のテニスや英会話などあらゆる場を通じて、精力的に活動して来た。しかし、その過程では殆ど、失敗の連続と言っていい程であり、試練の連続であった。
 要するに聖典「生命の実相」によると先ず、人間は神の子であるという事を観念的に悟ったら、その後、それを行動化する事でその信仰が本物になるとあるが、私の場合、私は神の子であり、自分の中に神の国があると悟りはしたが、それは宇治から帰って来た直後はまだまだ観念的な悟りであり、それが実際の私の生活習慣化しておらず、潜在意識にも浸透していなかったのである。
 それで宇治から帰ってきて実社会に復帰して、色々活動して来たこの十年間はその観念的悟りを実際的悟り、行動を伴った悟りにする為の訓練の連続であったのである。榎本先生のお言葉の中に「実相は自分で出て来る」というのがあるが、私の場合、内側に神の悟りが火がつき、それが自分で生長して自ら出て来る過程として、観念的悟りの実行動化があったのだと思う。どうしてそうなったかと言えば、それはやはり自然とそうなったとしか言いようが無い。

 それは本当に甘いものではなかった。正に命懸けのものであった。特に自分というものをつかみ、それを保とう、良くしようという心の習慣が私には生まれつきあり、その習慣で40年以上生きてきたので、その習慣を放つのは正に清水の舞台から飛び降りる思いであった。しかし、私は勇気を持って、それをやったのであった。それが出来たのは私の本質が勇気そのものの神の生命であったからである。それが内側から自ずと出て来た事により、おのれを捨てる行、所謂、捨身が出来たのである。

 それはともかく、榎本先生の別のあるお言葉に「悩みや問題は神が消して下さる。」というのがある。即ち、問題や悩みを心でつかまずに放っておいて、神に全託しておれば、神がその悩みとか問題を自ずと解決して下さるというのである。それを知らなかった私は何か問題とか心配事が発生するとそれはそれは気をもんだものである。
 その気のもみ方が尋常ではなかったので「お前は取り越し苦労の仕方が異常だ。」とかつて若い頃、仲間から言われた事もある。要するに問題とか悩みをアルと思って、それを自分で解決しなければならないと思っていたからそうなったのである。
 しかし、現在は問題はナイ、悩みはナイ、神が全ての悪を消して下さると信じているので、何か心配事が発生しても「神様お願いします」と神に全託して、そのままにするのである。
 
 丁度、昨日と今日、連続で仕事上で重大なミスをしてしまった可能性があり、それは前日に家で何の気無しにその可能性に気がついたのだが、以前の私だったら、その心配を無くす為にそれこそ必死に色々、画策したと思うが、現在は現象はナイ、如何なる問題が起こってこようがそんなものは所詮現象ではないか、現象はナイと教えられている私であるから、どんと来い位の気持ちで構えていたら、その二つの問題は結局、大した事無く、問題なく解決したのである。
 この様にして実相独在、現象ナシ、問題ナシ、悩みナシの生長の家の教えは日常生活の試練における行動化により、より実際のものとして顕現するのである。

堀 浩二
by koujihori | 2007-12-26 13:12 | 信仰 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/6817359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆきえ at 2007-12-26 13:54 x
>悩みや問題は神が消して下さる。

今に私には救いの言葉です。 掘先生に今日にブログは私の為に書いて下さったかのようです。 

食品業界は賞味期限の問題で疑心暗鬼状態なのですが、その中で明るく希望をもちつつ、なおかつ主人の希望に添う心で日々を送る。 退職するかもしれない職場の仕事を覚える努力。相反する状態のなかにいるのは悩むべき状態なのですが、

>悩みや問題は神が消して下さる。

なんだか安心しました。ありがとうございます。
Commented by koujihori at 2007-12-26 15:21
ゆきえさん

 お役に立ててなによりです。

>食品業界は賞味期限の問題で疑心暗鬼状態なのですが、

 へえー、そうなんですか。ニュースで色々聞いてましたけど現場は大変みたいですね。でも、白い恋人も赤福もああいう事がきっかけでうそをついてはいけないという学びをしたからいいんじゃないですか?要するに現象的にどんな事があってもそんなものは本当に存在するのではなくて、魂の勉強の為に貴重な教訓なのですから恐るるに足らないと思います。
 
 >退職するかもしれない職場の仕事を覚える努力。相反する状態のなかにいるのは悩むべき状態なのですが、

 悩ましい状況ですね。でも、無駄な事は一つも無いから今、目の前の事を頑張るしかないでしょうね。

 いずれにせよ。問題はナイんですから、神様が消して下さいますよ。ご安心下さい。

<< 経験により実相が出て来る 「我が儘」の反対「そのまま」 >>