今、何も問題はナイ。

 我々は生長の家の教えを学んで、人間神の子無限力という事を学ぶ。そして、それは現象の事ではなくて、現象の奥の実相生命の事であり、それを自覚して、かつ、その自覚の元に行動して行けば、それが潜在意識に刻印されて、また、それが現象、現象の肉体に現れて、その実相の素晴らしさが顕現すると教えられている。

 だから、それを信じて、祈って、その通り、一所懸命、生長の家の生き方をして行けば、時間の経過の後にその実相の素晴らしさが徐々に現象に顕現して来るから、それを信じてせっせと愛行とか訓練に励むという事になる。

 それまでは現象にはまだ病もあり、問題もあり、その他色々の困った事柄があると何となく思っているのである。しかし、それは間違いである。我々は現象はナイと教えられているのである。そして、我々が神の子で、無限力であるのは遠い未来の事でも何でもない正に今の事であるのである。
 生長の家の人は人間神の子無限力とは言うもののそれは実相の事であって、現象の自分はまだまだ力は足りません、まだまだ病弱であります、又は私は心では実相独在、人間神の子無限力を悟っていますが、現象は未だ過去の悟っていなかった迷いの時代の心が現れていて自壊作用の真っ最中でございますから現象はまだ病気です、力は出ませんなんて何となく思っている人が多いのである。しかし、それは間違いである。谷口雅春先生も最初はそう思われていたのである。要するに人間は神の子無限力であるのは分かったが現象は唯心所現であるから、現象の自分はまだ体も弱くて、経済力も無いと思っておられたのである。しかし、泥棒に二回入られてそれまで現象的にせっせと積み上げて来た現象の富を奪われた時、忽然と悟られたのである。現象はナイ、自分は今、無限の富者であり、無限健康であると。
 それからすぐに生長の家を先生は始められたのであり、そこで立たなかったら現在の生長の家はこの世に存在しないのである。

 現象はナイのである。我々が無限力で完全円満なのは今の事なのである。我々は今、出来るのである。今、立てるのである。それを如実に悟った人は正に今、立つ事が出来るのである。現象はナイからである。私は素晴らしい力も志もありますが、私はこの体が過去の迷いの残像でまだ病気が残っておりまして、だから、立てません、力が発揮出来ません、私は本当は誰にも負けない力と才能があるのですが、この体の欠陥があるから力が発揮出来ません、これさえなければ私は誰にも負けないのですが、なんて言うのは全て自己弁解である。我らはそのままで今、完全円満、無限力であるのである。それを自覚すれば今、立てるのである。聖書にある所のキリストが足萎えの人に向けて、「汝の病、既に癒されたり、立ちて歩め」と断固として、その人の今の生命の実相の完全円満さを認めたキリストの言葉の元に足萎えがその場ですぐに立ち上がって歩んだのは誇張でも比喩でも何でも無いのである。

堀 浩二
by koujihori | 2007-12-30 17:22 | 信仰 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/6847045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 長瀬 祐一郎 at 2008-01-03 16:57 x
堀浩二先生

合掌 ありがとうございます。新年おめでとうございます。
はじめてコメントさせていただきます。
神奈川教区所属の相愛会員でございます。
先生の美しいお声での招神歌を本年も楽しみにしております。
では、本年も壮年勉強会等にて、宜しくお付き合い下さいませ。

                     感謝再拝
Commented by koujihori at 2008-01-03 23:07
長瀬さん

 僕のブログ観てくれていたんですか?ありがとうございます。壮年勉強会宜しくお願い致します。13日です。
<< 意志の力より想像の力の方が強い パートナー(2) >>