感謝(4)

 榎本恵吾先生は生長の家の神示の一つである「大調和の神示」について、お話になった事がある。
 この「大調和の神示」というのはおそらく、生長の家の信徒の中で最も有名で毎日読まれているものであると思うが、それを先生はこれは実相独在の見地から読まないと冷たい内容と受け取れてしまうと仰った。「お前達、感謝が大事だぞ。感謝しなければいけないぞ。」という風にも取れるからである。
 この神示には一貫して「汝ら天地一切のものに感謝せよ・・・」という事が書かれていて、ことに肝に銘ずべきは父母に感謝せよという事である。これが感謝の根本であり、それが出来なければ神の御心にかなわないと書いてある。私などはそうか、父母への感謝が生長の家の根本かと思って、毎日、父母への感謝の祈りを神想観の後、必ずやった。神想観だけでは足らん、父母に感謝出来なければ神想観して神に感謝しても足りないと思ったからである。
 でも、十年以上、毎日その祈りをやっても、父母に感謝など出来るどころか私は父へのわだかまりと憎しみが募って行った記憶がある。私は二世帯住宅で父の家の二階に住んでいるのだが、当時は私が一階の父の家の居間に何となく行っても、父はプイッとそこから立ち去る位、父とは折り合いが悪かった。それは私が生長の家の活動をやり過ぎて、父はそれが気に入らなかったみたいであったし、私は私でこれだけ他の連中が遊んでいる時間に国のために人類の為に自分の時間を犠牲にして、頑張っているのに何故、それを少しも評価、賛嘆してくれないのだというわだかまりであった。

 そんな事をしている内に私は自律神経に変調を来し、夜は全く眠れない様になり、それがきっかけで宇治の練成道場に導かれ、そこで榎本恵吾先生に巡り会い、そこで救われたのである。
 さて、私がそういう状態になったのを知って、父の悲嘆ぶりは尋常ではなかったと後から母に教えてもらったが、私はそこで始めて、自分が父に愛されている事を知り、それと共に父への感謝が自然な形で自ずと出来る様になった。それと同時進行して、私は今、ここがこのまま神の国であり、自分が無条件に神に生かされて、救われ済みであったという生長の家の神髄を榎本先生から授けられ、心がすっかり大安心になり、救われたのである。奇しくもそれと同時に父にも先に述べた様に心から無理なく自然に感謝が出来る様になれたのである。

 皆様はこの私のエピソードをどのように思いますか?父に感謝出来たから私の心も救われ、自律神経の故障も癒えたと思いますか?確かに現象的にはそうでありましょう。しかし、私は榎本先生の薫陶により、今、ここに、そして、自分の内に神の国があり、自分は無条件に神に生かされた完全円満の生命であると分かったら、そこに自ずと感謝の世界が開けて来たのであります。
 感謝というのはこの様に無条件なものである。感謝しなければ神の心にかなわないから祈りの継続の力で自分の潜在意識を感謝の心に無理矢理変えて、感謝して行こうなんてものではなくて、今、無条件にただ神に生かされ、幸はへられ、導かれ、支えられている自己の生命の実相に目覚めた時、そこに自ずと感謝が湧き出て、そして、父母も始めから尊い有り難い御存在であったと気がつき、自ずと感謝が出来る様になるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-01-16 12:29 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/6988738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ,感謝 at 2008-01-16 14:31
タイトル : エコバッグ
次の記事も楽しみにしています。... more
Commented by erica at 2008-01-17 10:43 x
素晴らしい経験ですね。

>今、無条件にただ神に生かされ、幸はへられ、導かれ、支えられている自己の生命の実相に目覚めた時、そこに自ずと感謝が湧き出て、そして、父母も始めから尊い有り難い御存在であったと気がつき、自ずと感謝が出来る様になるのである。

「無条件」、その通りだと思います。現象世界はどうであろう、元々私たちの中に神の国があり、それを悟れば自然に感謝ができ、その神の国が現象世界でも顕現してくるのですね。
Commented by koujihori at 2008-01-17 11:31
ericaさん

 感謝というのは私がこれだけやったから、これだけ行をしたから、これだけ祈ったから、実相が出て来て、幸福になれたっていう境涯だと本当の感謝にならないんですよね。私が何もしなくても今、そのままで無条件に神に生かされていたという事が感謝ですね。
<< 頭の良い人間は元々頭が良い。 時は今 >>