現象に証拠を求めてはならない。

 我々は信仰生活をしていて、自分の信仰で病気その他の問題が良くなったりする事がある。それは現象というものは我々の心の投影であるからだ。だから、生長の家の人で色々な問題を抱えている人は一所懸命、信仰して、色々な行をして心を清めようとしているのである。

 しかし、自分がこれだけ信仰したから、自分の病気がいつ治るだろうか、まだ治らないのだろうかとあれこれ、確認したりするのは良くない。そもそも信仰というのは現象を良くする為にするのではない。現象を良くする為に信仰するのを所謂御利益信仰と言う。それは現象が良くなれば、別にそれでいいのであって、そのきっかけが生長の家であろうと医学だろうと町の霊能力者であろうと何でも良いのである。
 真の信仰とは現象ナシ、肉体ナシを悟り、今、このままで自分が完全円満の神の子であるという悦びに目覚める事である。
 現象は過去の念の波動が表面に出て来ているもの、即ち過去の念の残像に過ぎないのであるから調子の良い時も悪い時もあるのである。そんな時に焦って、現象の良さとかを求めて、確認するなんて事は愚かな事である。

 自分が大丈夫であるという証拠を求めるな。それは神を自分の外に、即ち現象に求める心である。
現象がどうであろうとそんな所に自分が大丈夫かどうかなんて証拠を求めず、今、そのままで既に自分が完全円満で、無限力である事を堅信しなくてはならない。
現象とか肉体というのは吾らの心の塊であり、それは吾らの心の波動で出来ているのであるから、今、このままで既に完全円満であるという堅信のある所、必ずそれが具象化されるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-02-01 13:01 | 信仰 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7141909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 長瀬 祐一郎 at 2008-02-01 15:21 x
堀 浩二先生
合掌 ありがとうございます。
いつもながら素晴らしい記事にて感動致しました。
「御利益信仰」については、例えば『久遠生命の神示』のはじめにも書かれておりますね。
私は子供の頃より二十代後半まで、いわゆる「自己限定」の傾向の強い人間でありましたが、その所為で当時を今から想うと「あの時ああしていれば・・」という様な事が少なくありません。
しかしながら、神の子たる人間にそうした傾向は「本来ナイ」ものでありますから、私も自然とそうした自分に自分で息苦しさを覚え始め、その様な最中に谷口雅春先生の御本と出会って「つまりこういう事なのか!」と“目から鱗”、一気に視界が拡がった事を覚えています。
まあ、それから私が生長の家人になるのはもっと後なのですが。。(汗)
インターネットの普及した今日では、副総裁先生のブログや、本部のHPや、そして堀先生のブログ等、簡単に検索出来て随分有り難い世の中になりましたね。
                    感謝再拝
Commented by koujihori at 2008-02-01 16:23
長瀬さん

 コメント有り難うございました。

>自然とそうした自分に自分で息苦しさを覚え始め、その様な最中に谷口雅春先生の御本と出会って「つまりこういう事なのか!」と“目から鱗”、一気に視界が拡がった事を覚えています。

 そうですか。やはり、我々は神の子だから、本来でない生き方をしていると自ずとそれが違うという事が冷暖自治されるわけですね。そんな所に丁度タイミング良く生長の家の本と出会うのですね。だから、この世は神がただ導いて下さっている素晴らしい世界なんですね。

PS ところで長瀬さんにご連絡したい事がありますので出来れば、僕の携帯に連絡もらえませんか?

Commented by いろどりひかる☆ at 2008-02-01 23:15 x
昨日も「うっわ〜〜〜」と息をのみましたが、今日のも、ホントに沁みます。
ありがとうございます。素晴らしいです。
>>自分が大丈夫であるという証拠を求めるな。それは神を自分の外に、即ち現象に求める心である。。。。これは、書き写して壁に貼らせていただきます。最近、主人のことで少々、心配症になっておりましたが、堀さまの記事で目が覚めました。感謝でいっぱいです。

近々、その事もブログで記事にしますので〜その時は記事内リンクをさせてくださいませね。
Commented by koujihori at 2008-02-03 13:07
いろどりひかる☆様

 コメント有り難うございました。

 >>自分が大丈夫であるという証拠を求めるな。それは神を自分の外に、即ち現象に求める心である。。。。

 という所が気に入って頂けたのですね。さすがお目が高いです。僕はいつもメモ帳を持ち歩いて何かピンと来ると必ずメモしているんですが、ここの部分はそのメモ帳の言葉そのものです。他の文章はまあ、その肉付けみたいなものです。

 ご主人の事ですが、それは必ず克服出来ます。ご主人は今、正に今、完全円満、無限力です。これはそう祈るからそうなるなんて事じゃなくて、本当にそうなんです。現在の現象は単なる過去の残像です。そんなものはナイんです。
(続く)
Commented by koujihori at 2008-02-03 13:10
いろどりひかる☆様

 僕の場合はご主人より遙かに背負った荷物は軽く、申し上げるのはおこがましいですが、実は僕も11年前にある障害を負ってしまいました。僕の場合、外側からは分からないのですが、僕にとってはやっかいなものです。僕は色々スポーツをやっているんですがテニスの時は大丈夫ですが、実は僕はその11年前に負った神経的な障害の為にボールをまともに投げる事が出来ません。だから、野球チームのまとめ役をやっているんですが立場上、練習とか試合に行かなくてはならず、キャッチボールの時は正に命がけです。周りの人は僕の事情など知らないので「何だ。アイツは、」という目で見られます。でも、それが僕の信仰をどれだけ育ててくれたか分かりません。本当に命がけになりますもん。
 僕は一切弱音もいいわけもせず、自分の出来る範囲でキャッチボールします。自分が今、完全円満、無限力であると信じているからです。事実そうですから。現象はナイんですから。そうこうしてもう十年近くなりますが、最近大部良くなってきました。
(続く)
 
Commented by koujihori at 2008-02-03 13:10
いろどりひかる☆様
  
 いずれにせよ。いろどりひかる☆さんが自分の信仰で治そうとか良くしようなんて思わないで神様に全託されると良いと思います。神様は無条件で良くして下さいますよ。
Commented by いろどりひかる☆ at 2008-02-06 08:20 x
ありがとうございます。
堀さま御自身のお話、読ませていただいて〜涙が出そうになりました。
全託・・・今まで何度も聞いていた言葉が、今、腹の底に落ちた気がします。ありがとうございます。
Commented by 畑 中  正 at 2008-02-11 08:01 x
札幌からメールを始めて送らせて頂きます。いつも拝見させていただいて、感動したり・素晴らしい発見をさせていただいてるのに、お礼を言わないのは、失礼かなと思い、初めてのメールになりました。「真理」を分かりやすく、体験を当して語られているので、私の心にスーと入ってきます。世間には、本当に凄い人がいっぱいいるのだと思いと、嬉しくなったり、目標が出来て、有り難くなります。益々素晴らしいメッセージを発信してください。合掌
Commented by koujihori at 2008-02-12 09:37
畑中様

 コメント有り難うございました。悦んで頂けて本当に嬉しいです。また、その事をここで伝えて下さって本当に有り難うございました。

 この様なコメントを頂くと自分の人生経験もあながち無駄なものでは無かったなと思い、勇気づけられます。これからも宜しくお願い致します。
<< 後悔先に立たず 生長の家の信仰について(2) >>