迷いは悟りの基礎工事である。(2)

 「神、真理を告げ給う」という御本がある。これは生長の家聖典「生命の実相」より後に谷口雅春先生により書かれた御本である。これは生長の家の神様が谷口雅春先生を通して、真理を説かれた書であり、御本の中で「私」というのは雅春先生の事ではなくて、神様の事である。

 この御本は私が思うに真理の精髄が書かれており、その中で「これだけ生命の実相などの本が世に出て、久しく、真理を理解する人達が多くなって来たから、究極の真理をそろそろ説いてもいいだろうと判断して、谷口雅春を通して、これからそれを説くのである。」という記述があり、それだけ深い真理が説かれているという事である。

 その中で「迷い」というものがどういうものかという疑問に神が答える所がある。神曰く「迷いは悟りの基礎工事である。」という事である。これは仏教用語で「煩悩即菩提」という言葉に相当する。
 要するに生長の家では「迷い」はナイと説く。ナイとカタカナで表現されているのはそれは実相世界、本当の世界には無いという意味であり、単純な有る、無いの無いではなく、本質的に無いという事である。だから、現象的には迷いも有るという事である。

 そのナイ迷いであるが、それをこの「神、真理を告げ給う」では「迷いは悟りの基礎工事である」と書かれている。
 生長の家で迷いナシ、病ナシと言われ、迷ったり、病気になっているのはお前の心掛けが悪いんだ、みたいに言われる事もあり、自分でもこんな迷いがあり、利己主義な自分は仕方のないものだと自分に絶望する事もあるだろう。
 しかし、それでは何故、元々完全円満の神の子である人間がそんな心掛けが悪くなって、迷いとか病に苦しむのかと言う疑問を皆、持っていると思う。その疑問に直接明瞭に解答したのが、「迷いは悟りの基礎工事」という答えである。

 この我々の人生では色々な経験をするが、その中で失敗経験が大多数を占めるのであるが、これは全て、その失敗経験から学ぶ為である。学んだら、そこに悟りが出て来るのである。我々の人生は一つの学校になっており、そこで様々な失敗経験、即ち迷う事により、大事な事を学ぶ、即ち生命の実相を悟る事にその目的がある。
 全ての失敗は本当の失敗ではなく、それは学びであるのである。

 実相は悟りしかない。迷いはナイ。その悟りとは実相そのものである。吾らは神の子である。神の子であるという事は吾らの本体は悟りそのものであるのである。今、このままで。そして、この人生というのは我々の中にある悟り、即ち実相が自分で出て来る過程である。それを現象的に見れば、先ず、迷いというものが出て来て、失敗して、色々病とかに苦しむという形で現れる。しかし、その中からその問題について真剣に考え、全力で人生を生きる様になり、必死に道を求める様になる。その中で、良き教えや師に出会い、そのお陰で人生の真理を知り、その中から悟りが出て来る。それが「迷いは悟りの基礎工事である。」という事である。

 私は生長の家を幼い時から学んでいたが、私は一旦、その求道生活に行き詰まり、ひどい迷いの中で苦しんだ。しかし、その迷いがあったからこそ、必死で真理を求め、榎本恵吾先生にも導かれ、現在の「一切の生命は今、そのままで救われている。そのままで良い。」という大安心の悟りが出て来たのである。私の人生は私の中に既にあった悟りが自分で出て来た過程である。
 だから、我々の人生は如何なるものであっても、それは我々の中の実相が自分で出て来るかけがえのない人生なのである。それを榎本恵吾先生はいつも「あなたの人生は百点満点です。」という言葉でそれを表現されていたのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-02-26 13:45 | 信仰 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7352161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from お・な・に・ぃ at 2008-02-29 20:27
タイトル : テラびしょびしょw
VLLANLj0最初は見てただけだったけど、お願いされたからバイブでお手伝いしますたw その代わりに+3マンしてくれたからおkww http://own.18erosta.net/VLLANLj0.html... more
Tracked from イカリングぷれい at 2008-03-05 18:59
タイトル : ワロたけど気持ちいかったw
whl0KgtE イカリングにロー○。ン付けてシゴかれるなんて初めての経験をしてしまったw http://a-linker.net/doll/whl0KgtE/whl0KgtE.html... more
Commented by yuko at 2008-02-26 14:27 x
合掌、ありがとうございます。今日の堀さんのご文章を読んでたら、榎本先生が天界からにっこり笑って「大丈夫、大丈夫」と言って下さってる様な感じがしました。私も5年間の真っ暗闇の基礎工事期間を経て、今神さまが大好きな人生を過ごしております。みんな神の子ですばらしくて“今ここ完全円満”をただ悦びましょうよ~とたくさんの人々に伝えたい私です。堀さんのブログ楽しみにしてますよ。ホッとします。
Commented by koujihori at 2008-02-26 15:15
yuko様

 素晴らしいお言葉、有り難うございます。とても嬉しいです。

>私も5年間の真っ暗闇の基礎工事期間を経て、今神さまが大好きな人生を過ごしております。

 そうですか。素晴らしいですね。その貴重なご体験は本当に得難いものですね。これから、どんどん、その悦びを一緒に広めて参りましょう。
<< 講話は自己の生命でする。 アシュリー >>