神様が全部やって下さる。

 全託という言葉がある。それは生長の家でよく使われる言葉である。それで全託になれる様に祈るとか、これだけやったら、後は神様に全託の気持ちで待つとか思う人も居るだろう。しかし、榎本恵吾先生は「皆さん、全託って言ったら本当に全託ですよ。」と力説しておられた。

 即ち、実相独在とは言うもののここまでは私がやらなくちゃならんのではないか、後の結果は神様にお任せするにしてもこの祈りや行は私がやらなくちゃならんのではないかとか前述の様に全託の心境になれる様に祈らなくちゃならんのじゃないかと思い、神様や実相の他にほんの少しは私が何かしなくちゃならんのではないかと思うのである。

 しかし、それは本当の全託ではない。また、それは実相の他になにがしかの私という我(が)の存在を認めている事になるのである。実相独在と言ったら、実相独在であって、何等我(が)は要らないのである。全託と言ったら、本当に全託なのである。

 本当に全託という事は神様が全部やって下さるという事である。こういう事を言うと、それは怠け主義、利己主義という人もいるかも知れない。しかし、それは全託という事を何もしない事であると思うからそう思うのである。自分の中に神がいらっしゃるのであるならば、自分を通して神が今、働くのであり、その時は自分の現在意識の積極的な働きとして神が内側から発動するのである。しかし、それは我(が)ではなくて、内なる神のお働きである。それが全託という事である。

 我々はこうしなくちゃならない、勇気を出さなくてはならない、全託しなくてはならない、自分の身を捨てて、投げ出さなくてはならないと言う事が分かっていて、それが出来たら、真理を実行出来て、実相が顕現するとは分かってはいるが、それをやるには勇気が出ない、それが出来ないから苦労しているんだ、また生長の家の生き方が出来ない自分は駄目な者だと自分を責め、絶望するが、そんな必要は無い。
 即ち、いざとなれば、内側から神様が働いて、全部やって下さるからである。それを事前にああだこうだと考えるから出来ない気がするのである。その時の初一念は神の心、行動であるから、それは必ず出来る。神様が全部やって下さるのである。全くの楽ちんである。それを本当の全託と言うのである。

堀 浩二
by koujihori | 2008-03-10 12:28 | 信仰 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/7450956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuko at 2008-03-10 13:43 x
ご文章が素晴らしすぎて感謝感動です。色々な経験を通して神さまを実感し、何の力も要らないことを悟り、何かが起こっても“神が解決なさる”と思い続け、「今ここ完全円満」を悦ぶことに全力を注いでます。今はそういうところですが、その内、常にゆったりと安心した自分になるでしょうね。


Commented by 長瀬 祐一郎 at 2008-03-10 20:12 x
堀 浩二先生
またまた素晴らしい記事をありがとうございます☆
私もかつては本当に「取り越し苦労」「持ち越し苦労」の必要以上に多い人間で、十代二十代は疲れ果てていました。世の中一切が嫌になった事もあります。
三十代前半は様々な病気が起こり、しかし却ってそれで幾らか気楽になれたようにも思います。
「どうにでもなってくれ!」と。
勤めていた会社も退職する事となりましたが、その頃より生長の家との様々な御縁を頂戴し、聖使命会員とならせていただいてからは全てが「一層よくなる!」な感じでございます。
「神様に全托する」気持ちとなる時、そこに自暴自棄という事はあり得ませんからね。
ヤケを起こした挙句の陰惨な事件が起こってしまうご時勢でありますが、益々人類光明化運動が必要な時代という事でもございますね。
今月16日の壮年勉強会で、教化部にてお会い出来ます事楽しみに致しております。

感謝再拝
Commented by koujihori at 2008-03-11 08:51
yuko様

 >その内、常にゆったりと安心した自分になるでしょうね。

 そうですね。現象的には段々そういう状態になると思います。でも、僕も現象的にはまだまだ、動揺する事、執着する事が後から後から出て来ます。でも、それも全部、全託の信仰を深める訓練の為の練習台だと思っています。
Commented by koujihori at 2008-03-11 11:29
長瀬さん

 いつも、有り難うございます。生長の家は神様に全託でよいという事を学んで行く教えです。
 壮年勉強会、お待ちしています。
Commented by うっち~まま at 2008-03-11 13:31 x
いつもいつもありがとうございます
素晴らしすぎて、いつもコメントできないでいます。
読んでいると、自分で縛っている自分がふわ~っとほどけていきます。頭の中でなくて、気持ちがそうなっていくのが嬉しいです。
Commented by koujihori at 2008-03-11 14:49
うっち~まま様

 そう仰って頂けるとこれを書いて良かったと思います。自分では内側からの要請のままに書いてるんですが、でも、それが悦びです。
<< 我(が)でやろうとしない 世の中、良い人ばかり >>